日本人より働かないのに、日本より幸せなデンマーク。

1 / 2 ページ

戦争は終わらない。
日本人にとって戦争とは過去のものであり、
自分とは関係のないことに思える。
でも世界では今もなお戦争が起こっている。
アメリカの新聞には毎日のように
リビア戦争の写真が掲載されていて、
最近ではビンラディンを殺したと盛り上がったほど。
戦争はなぜ起こるのか?
最近「坂の上の雲」にはまってて、
いよいよ最終巻の8巻にはいった。
「坂の上の雲」は日清戦争、日露戦争のことを書いた、司馬遼太郎の歴史小説。
遠い昔のことのようだが日露戦争は1904年。
わずか100年前の話だったりする。
これを読んでると何のために戦争は起こるのかを考える。
戦争が起こる理由(仕掛ける側の理由)はシンプル。
自国の富を増やしたいから。
自国の富を維持したいから。
アメリカがイラクと戦争したのは、
自国の富を維持したいから。
イラクが原油の取引をドル建てではなく、
ユーロ建てに変えると言い出した。
このままでは基軸通貨としてのドルが弱くなる。
世界の基軸通貨がドルではなくなれば、アメリカは崩壊する。
それを防ぐための言いがかり戦争だった。
ロシアがアジア侵略を開始したのは、
自国の富を増やしたいから。
日露戦争は日本から仕掛けた戦争だが、
ロシアを放っておけばいずれ日本もやられる、
そんな状況に追い込まれた日本が仕方なく戦いを挑んだ戦争だった。
これはいわゆる「帝国主義」と呼ばれるもので、
軍事力を武器にヨーロッパ諸国が、世界に領地を拡大していった現象の一つ。
その後日本は第一次、第二次と暴走してしまうのだが。。
国はもうけたいのだ。
自国の利益が最優先なのだ。
だが、儲かる国が増えれば、
貧困になる国が増えることを意味する。
先進国がさらなる富の拡大を目指す限り、
貧困はなくらないし戦争もなくならないだろう。
しかしここに一つの疑問がある。
富が拡大すれば本当に国民は幸せになれるのか?
82位
これは世界の幸福度ランキング。
残念ながら日本の順位だ。
2010年に米国のギャラップ社が
発表した世界幸福度調査によるもの。
経済力で世界2位まで上り詰めた日本が見た物、
それは幸福なんかではなく、
自殺率世界6位という現実だった。
※日本の自殺率は世界第6位。
ちなみにこのランキングで一位の国は、デンマーク。
※参考 App「住んでみた①デンマーク編」より
日本が「自国は反映している」と答えた人が、19%なのに
デンマークは82%の人が「自国は反映している」と答えた。
デンマークの人たちは、
大半の人が車もマイホームももっていない。
決して物質的豊かさで満たされた国ではない。
なぜ物質的豊かな日本より幸福だと感じられるのか?
■デンマークの特徴
・直接税45~60% 間接税25%
・平均年収470万(税引後325万)
・55%が職場や学校に自転車で通う
・47%が車一台以上を保有してる家庭
(新車を買うとなると200%の税金がかかり300万の新車は900万になる)
・勤務時間は8:00~4:00か9:00~5:00まで。(フルタイム35時間)
・年間の有給休暇は最低5週間
・医療と教育は無料

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。