奇跡の自虐史観

2 / 2 ページ

まだまだ根強いものが残ってるのがわかる。
毎日毎日が自虐史観教育との戦い、
そして世界のライバルたちとの戦いである。
こっちにくると外国人とよく喧嘩になりそうになる。
日本人と思ってなめたことされたら絶対ひけないから。
なぜ今日本人がサッカーに夢中になるのか、
日本はもともとサッカーがうまかったが
メンタルで負けてるといわれていた。
今のサッカー選手はメンタルが強く、
堂々と戦い結果を残している。
それは若いうちから世界と戦い、
自分の弱さを知り、それを乗り越えていったからだ。
その精神に自分たちの理想を重ねているんじゃないかな。
サッカーを見てると日本の未来を見ているような気になる。
あの本田圭祐でさえ初めは日本人特有の遠慮深さで
海外リーグでよくフリーキックを譲っていたそうだ。
だがそれを監督に怒られてから、
自分の主張を貫くようになったのだ。
本田圭祐「成長スピードが日本人のままじゃダメなんすよ」
やっぱりは若者にはどんどん海外に出て欲しい。
日本の自虐的な教育はすぐには変わらないから。
世界に出ればどんだけ日本がイケテルか、
それが勝手にわかってくるはずだから。
こっからオレらが「日本人」ってのを
どんどん世界に知らしめていかなければならない。
やったろうぜ。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。