New Zealandへのきっかけ2

前話: New Zealandへのきっかけ 1

そう、今思えばなぜNew Zealand


そんななか中学の終わりが過ぎようとしたある日、友達とカラオケをしにいった!
あれは拉致だった!わら
本当に今思えばよく居場所がわかったもんだ!わら
カラオケboxに親がきて手をひっぱられ、当時まだ15歳?
たしかゆず歌ってたなー<(T◇Tll)>
そんもん関係なし!
何やってのよ?!
飛行機に間に合わないからはやくしなさいと、手をひっぱられ友達も唖然、とりあえず、何も持たずに車に乗せられ泣いたのを覚えてる。
(.;゚;:益:;゚;.)
だって知らない場所だしね<(T◇Tll)>わら
行きたくないしね....
気づけば成田空港、何も持ってない自分に車のトランクからスーツケースを1つ、
はい
いってらっしゃい
まじかよ(.;゚;:益:;゚;.)ってどこからのるの飛行機って?
どこにつくの?何しに行くの?
まじかよ(.;゚;:益:;゚;.)
とりあえず行く決心を決めていざ、New Zealandへ!
成田からおよそ、13時間!
初めての飛行機!
とりあえず祈った落ちませんように。
<(T◇Tll)>

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の長橋 良さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。