精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿④いやー、想像以上にこれはビビるよって話。

1 / 2 ページ

前編: 精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿③社会にはいろんな人が支え合いながら生きてるんだよって話。
後編: 精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿⑤人を嫌うときは必ず自分の心に問題があるって話。
ある夜勤の日にあった過去最高にびびった話です。
夜中2時詰め所でぼんやりしていると、入院中の患者さんの一人が大慌てで詰め所に飛びこんできた。
「トイレでシーツがひっかかてる!がたがたと変な音がした!」
やばい!!
すっげえ嫌な予感する・・・
走ってトイレにかけつけると、一番奥のトイレの上の方にシーツを引っかけるように結んでいて、それがトイレの内側に入りこんでいる。
軽く頭真っ白になりながら急いで状況確認しようと上から中を覗きこむと・・・
シーツを首にぐるぐる巻きにして今まさに便器から飛び降り様としてる男がいるではないか!!!
「うぅぅわぁぁー!!!」思わず叫んでしまった。
かなりびびった!!!
まじでショッキングな映像です。
日常とかけ離れた光景に軽くパニック。

夜勤中は看護師2人しかおらず、こんな状況は初めて。
一気にテンパったが、そうだ俺は看護師だったと思いだし、慌てて相方呼んで、はさみ持ってきてもらい、当直医に連絡してと、大慌て。

すげー必死に上に引っかかってるシーツを切りました。

みんなの読んで良かった!