周りはみ~んな自己破産 1人目 その2

1 / 3 ページ

前編: 周りはみ~んな自己破産 1人目 その1
後編: 周りはみ~んな自己破産 1人目 その3

実母が多重債務者だと分かった

実母自身には事の重大さが理解できていなかった。
世帯月収20万で、400万の借金を完済できると思っていたらしい。

しかも!
借入している金融機関の大半が残金スライド元利定額リボルビング方式で返済することになってたから、これにも驚かされた。


残金スライド元利定額リボルビング方式の恐ろしさ

多数の消費者金融で採用されている残金スライド元利定額リボルビング方式は、一般的に【リボ払い】と呼ばれる返済方法のうちの1つ。
毎月の返済金額は一定で、その一定額の中から元金返済充当分と利息分とに振り分けられるという返済方法。

実際に、実母が借り入れた某消費者金融を例に挙げると、以下のように返済されていく。

借入金額:30万円
実質年率:18.0%
毎月返済額:11,000円

 回数/元金充当額/利息充当額
1回目/6,500/4,500
2回目/6,598/4,402
3回目/6,697/4,303
4回目/6,797/4,203
        ・
        ・
        ・
35回目/10,784/216
36回目/3,629/54

返済回数:36回
支払総額:388,683円

これだけをみれば問題ないような気もする。

ただし!
これ1件で済んでいればの話。

そもそも、毎月の生活に困窮している実母のようなケースであれば、この11,000円すら返済できない状況。
返済するために他の金融機関で借り入れる。
もしくは、同じ金融機関で追加で借り入れる。

さぁ、蟻地獄に足を踏み入れた!

みんなの読んで良かった!