周りはみ~んな自己破産 1人目 その3

1 / 3 ページ

前編: 周りはみ~んな自己破産 1人目 その2

自己破産の意味

自己破産
言葉を聞いたことがある人は多いと思う。

でも、自己破産っていうものがどういう制度なのかを知らない人は多いような気がする。
実際に私も実母の借金発覚から情報収集をするようになるまで、どのような手続きをするのか、どのくらいの期間がかかるのかなんて知りもしなかった。

実母自身に至っては、自己破産というものは借金が数千・数億の人たちがとる手段だと思っていた。
自己破産した人は住居や生活も制限されて、仕事にも就けない。などと考えていたようだ。
このような制限がなされるのは相応の資産・財産があり、破産にあたって管財人がつくような状況であり、実母のように何もないケースはそのような制限はない。

自己破産の流れ

実母は処分できる財産をもっていないので、自己破産申立と同時廃止手続というものを行った。
20万円以上の財産を持たないような人は同時廃止手続きとなるのがほとんどだそう。

流れはこう。

1、弁護士に依頼することが決まったら、借金の内訳を確認する。
  借入先の金融機関/借入金額/借入期間/連帯保証人など細かく確認。
  弁護士に依頼する旨の契約も結ぶ。

2、弁護士から受任通知を発送する。
  各借入先に『弁護士が入ることになったから、今後の窓口はこっちね~』って  の内容を通知してくれる。
  この受任通知が届くことで、借入先からは請求や支払の督促が来なくなる。
  ※請求がこなくなるだけで、ここではまだ破産は成立してない。

3、利息等の再計算
  借入先の利息が法定金利を超過してないか。
  超過しているものがあれば、利息の払い過ぎが発生している場合がある。
  その場合には、過払い金の返還請求をする。
  ※実母は過払いなかったため、返還請求もなし。

4、自己破産申立
  地方裁判所に自己破産申立書を提出する。
  書類の作成は弁護士まかせでいいが、用意するものも多く骨が折れた。
  【弁護士が作成してくれた書類】
  ◎破産申立書・免責申立書
  ◎陳述書
  ◎債権者一覧
  ◎資産(財産)目録
  ◎家計内訳
  【用意した書類】
  ● 戸籍謄本

みんなの読んで良かった!