【16歳】忘れたくない人 その1

1 / 2 ページ

前話: 【15歳】はじまりはじまり
次話: 【16歳】忘れたくない人 その2

初恋

冬の寒さが厳しさを増し、年も変わる頃から、ユウからの着信を無視するようになりました。



元から『好き』という感情があったわけではないから『嫌い』にもならないまま…

着信を無視した理由を説明するのが面倒くさいという気持ちが勝っていました。



次第にユウからの着信が少なくなっていき、私はどこか安堵していたのです。




チャットには相変わらず頻繁に接続していたので、特定のメンバーでよく話をするようになりました。




その中にタカフミはいました。



この時、タカフミと親しくなっていなかったら、今の私はどうなっていたのか…。

今より、少しはマシな女だったかもしれません。




ある時、チャット内の誰かが「オフ会やろう。」と言い出したことをきっかけに、オフ会が開催されることになりました。




日時と場所だけを指定し、集まれる人は誰でも参加できるというもの。




チャット内で仲の良いメンバーが参加するというので、私も参加することにしました。






当日、指定の場所に行くと、すでに10人以上が集まっていました。


主催者にチャットネームと参加する旨を伝え、他のメンバーが集まるのを待ちました。




参加者はどんどん増え、最終的には100人を超えてしまい、主催者も収拾に困る状態でした。


下は14歳から上は40歳くらいまでの年齢の男女。


集まったのは都内ですが、わざわざ北海道から来ているという人もいました。


今までは声しか知らなかった人間が一堂に会したのですから、皆揃って興奮していました。




「誰?」と尋ねられ、チャットネームを名乗り合い「声のイメージと違う!」とか、そんな会話が飛び交う中、私はタカフミと初めて顔を合わせました。






背が高く細身で、少し長めの髪に大きな目が印象的でした。


私より5歳年上の20歳。




柔らかく笑う人でした。




この人のこと好き。



直観のような恋愛感情が湧きあがりました。








あまりにも人数が集まりすぎてしまったので、30人ずつくらいに分かれ、それぞれのグループで飲食店に入ることになりました。


もちろん、私はタカフミと同じグループで。




オフ会の最中、私はタカフミの隣に座り、タカフミとの会話に夢中でした。


大きな手と、ゴツゴツした指が目に入る度、触れたいと考えていました。




途中、20歳くらいの女性がタカフミに耳打ちしました。


その様子を見た私は、急激に嫉妬心が燃え上がり、どうしようもない独占欲を感じました。


『抜け出そう。』という誘いだったようですが、タカフミはそのまま私の隣にいてくれました。




夕方近くなり、そろそろ帰らなくてはいけない時間。




自分が中学生で、夜までオフ会に残れないことが残念で仕方ありませんでした。


タカフミともっと話がしたいのに…。と後ろ髪をひかれながらも、席を立ちました。








「送っていくよ。」




サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のNakatani Aiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。