母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑥

1 / 5 ページ

前編: 母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑤
後編: 母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑦

2003年8月24日 last 17 day

日中母も寝てたけど、俺もぐっすり寝てしまった。

俺自身もだいぶ疲労している。


今日の母は寝る時間が多かった。
日中風呂に入ったせいか。
色々試行錯誤して一人で入浴するが、入浴後の体力の消耗が激しい。
ものすごい脱力して、今日は浴槽から自力で出られなくなっていた。

マッサージしてからの方が足が動くので入りやすいとのことだったので、次回があればそうしたい。
それにしても疲れる。
しんどい。
母のほうがもっともっとしんどいんだろう。
見てるだけなのに、見てるだけだからしんどくなるのか。
苦しいだろうな、痛いだろうな、しんどいだろうな。
楽になってほしいと思うのと、まだ生きて欲しいという思いが交差する。



いずれにしても、苦しくとも目を背けず真っ直ぐ向き合う。


これが今の俺にできる最大の看護。

2003年8月25日 last 16 day

母が自分の友人らに最後の別れをしていた。

みんなの読んで良かった!