石屋に18歳で修行に出て学んだこと(4)「理不尽の中で教えてもらったこと。」

前話: 石屋に18歳で修行に出て学んだこと(3) 「名前を呼んでもらえなかった。」

数年すると、呼び名も「あんちゃん」から「ゆき」に変わり、

肉体労働にも体がだんだん慣れてきて少し余裕ができたきた。


今思うと「職人」と呼ばれる人はコミュニケーションが不器用な人が多い。

コミ障とでも言うのだろうか?

いや、ちがう。きっと必要がないのだ。

余計な口聞く暇あったら仕事しろ。的な何かがあるんだと思う。

(たまにおしゃべりな人もいたけど、無口な人のほうが多かった)


今(というか、業種かな?)みたいに、教育制度なんてこれっぽっちもない世界。

だーれも仕事教えてくれません。

業界特有の言葉もあっても誰も教えてくれない。


仕事は基本、「見て覚える」「盗む」「怒られて理解する」だ。


言葉もわからない。


「こっぱ」→「石のかけらなどのゴミ」

「よっこする」→「どかす」

「ねこ」→「一輪車」


等々


おーい、ねこもってこい!


っす!


にゃぁぁぁ〜〜〜〜


バキッ!!!


・・・いたい。。ねこっていったのに。


みたいなコントして殴られて覚えていくわけです。


修行中にもランクみたいのがあって、

「こぞう」→「手元」ってランクがある。

「手元」になると名前を呼ばれるし、名の通り職人さんの横で手伝いをする。

道具を取って渡したり、職人さんが次することを見越して段取りをする。

手術室の助手さんがメス渡すのをイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれない。

でも、メス!とかは言われない。手が出てくるだけだ。

だから、“手元”って言うのかもしれない。


石と石を積んだり、組み建てたりすると、石と石の合間ができるが

それを「目地」といい、その隙間にセメントなどを詰める道具を「目地コテ」と言う。


目地の間にセメント等を詰める作業を「目地詰め」というのだが、目地コテは5厘(約1.5mm)単位で種類がある。


1)目地詰めしてる、職人さんから手がでる。

2)目地の厚みを予測して、目地コテを渡す。

3)違う。

4)目地コテが飛んでくる。


まあ、そんなことは日常茶飯事。よくあることです。


今思えば理不尽なことはたくさんあった。


職人さんの手違いで、帰りが遅くなって番頭さんに報告するとき

「手元がだらだらしてっから遅くなった。」

なんてこともよくあった。


悔しくて、ふてくされたりもした。

悔しくて、仕事を覚えようと、職人にくっついてうざがられたりもした。


たまに手伝いに来る職人さんは可愛がってくれて、やることをずっと見ててもやな顔せず、にこにこしてた。



「仕事は段取りで9割決まるし、段取りができた時点で仕事はおわったようなもんだ。」


その職人さんから教えてもらった一言は今でも大切にしています。



次回予告

石屋に18歳で修行に出て学んだこと(5)「ちょっとオカルトな話でも。」

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のSUSSIE LUREさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。