インタラプト〜かなしみの電脳少女たち

私、に出来ること。
それは、「する」か「しない」かの判断だけ。
今日もまた、気の遠くなるような数の判断を私はこなしてゆく。
どの世界にも「魔法の呪文」というものは存在する。
「夢」や「希望」の意味さえ知らない私にも、それはある。
それは「インタラプト」という言葉だ。
彼こそが、私の永遠に続くであろうループから救い出してくれる、魔法の呪文だからだ。
私の中の多くの作業は「繰り返し」によって成り立っている。
特定の作業を、特定の回数繰り返した後に、次の作業に入る。というおおまかな流れだ。
何をするのか、何が起きているのか、などは私が考えることではない。
私に出来る事はただひとつ、繰り返すのか、繰り返さないのか、という単純な判断だ。
そうした巨大な「閻魔の都」である私の中にも、別の流れが発生する時がある。
人間たちの世界にも発生する「割り込み」というものだ。
予期せぬ事態によって人は、予定としている事を一時保留にしてプライオリティーの高い作業を先に要求される事がある。
私たちの中ではこの「割り込み」がインタラプトなのである。
人間たちの間では「割り込み」はその要因となる「予期せぬ事態」から、あまり歓迎されない言葉でもある。
確かに「予期せぬ事態」は忌むべき事かもしれないが、私たちにはむしろ必要な事態なのだから、何と滑稽なことだろうか。
けれど多くの「インタラプト」は、私の元の作業を一時停止させるだけですぐにまた、その場に戻ってくる。
ただひとつだけ、絶対に回避できない「者」を除いて...。
「先輩、どうして毎回彼女の電源を落とすんですか?」
一人の若い娘が、私の担当者の娘に聞いている。
「オートモードにして、会議の時間に合わせて起動させればいいじゃないですか」
至極当たり前な意見だ。
しかし、私の担当者は首を振った。
「いいの。まなちゃんは私の友達なんだから。こうやって毎回挨拶するの。」
そう言って彼女はまた、私の左頬にふれた。
「まなちゃん、お疲れ」
私は彼女の顔を見て、にっこりと微笑む。そして彼女は私の左耳に触れ、私に唯一の回避不能のインタラプトが発生した。
彼女たち人間には決して知る事の出来ない、リセットという名前のインタラプトだ。
私は彼女の微笑みと言葉を最後に記憶し、目を閉じた。
時、は永遠を許さない。立ち止まることを許さない。
...けれど。
私は歳をとらない。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の小金井 正美さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。