モテる男が瞬殺された90分44,000円の夜の蝶との出会い

1 / 3 ページ

熊本には日本でも有数の夜のお店がある。

かつては日本一位ともささやかれ、

所属女性は芸能人Aクラス級ぞろい。

元巨人の番長も訪れたと言われ、

有名芸人も接待を受けたらしい。

上流階級御用達の場所だ。

彼女達のミッションは、

訪れたお客様を最低3回満足させる事。

お代は90分で44,000円。

オプションやら指名やらを加えれば、

その金額はさらに跳ね上がる。

入店はもちろん紹介制。

そのハードルの高さから、

いつしか伝説的な存在になり、

飲みの席でも、

その店に行ったと言うだけで、

周りの男から一目置かれることに・・・

これは数年前の話。

活気盛んな坊主サーファーの谷村君と

久しぶりに会い、あれやこれやの話をするうちに、

いつの間にかピンク色の雰囲気が漂ってきた。

「そういえば○○って知ってる?

 熊本では超有名店で、

 紹介制でしか入れないんだけど、

 先輩が会員権持ってるらしいんだよね。」

「えーっ!マ、マジで!?

 それ行くしかないでしょ!!」

ビールに飲まれ、ピンク色の雰囲気に飲まれ、

約1年前に聞いた先輩の話を思い出し、

僕はついうっかりと、その事を口にしたのだ。

活気盛んな坊主サーファーの変態谷村君は続ける。

高額な金額と彼女達のノルマ。

訪れた有名人、紹介でしか入店できない事。

高額な金額に少し怖気づきながらも、

『人生一度しかない』

『やりたい事は全部やれ』

という開き直ったポジティブ志向にのっとり、

先輩に連絡しもろもろ調整し、

入念に貯金残高をチェックし、

ついにその日がやってきた。

伝説へ足を踏み入れた夜

運命の日。

湧き上がるテンションをどうにかごまかそうと、

いつもより少しだけ無愛想に見える谷村君と合流し、

先輩に連れられ歩くこと10分。

ついに伝説のお店が見えてきた。

ダチョウ倶楽部のようにどうぞどうぞと繰り返しながら、

重厚な扉を開けた矢先、

「お待ちしておりました。」

見るからに高級ブランドスーツをまとった、

黒執事のようなボーイが声をかける。

「当店は初めてでいらっしゃいますでしょうか。」

「ご指名あればお申し付けください。」

笑顔の裏には

多額のお金が行き来しているのだろうなという思いは

一切表に出さず、

「あ、はい、、」

とだけ答える。

実にもてない男らしい。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。