18歳から陶芸の仕事を始めて、営業、経理、運送、個展、陶芸教室教師を勤めて来た話

次話: 18歳から陶芸の仕事を始めて、営業、経理、運送、個展、陶芸教室教師を勤めて来た話 #2
私は、18歳の夏から、仕事を始めました。
陶芸の仕事です。
最初は見習いからスタートしました。
まず、陶々堂(私の勤めていた会社です)で、基礎からみっちり学び、かつ即実践という仕事でした。
土練り3年ロクロ7年とよく言いますが、そのつもりで頑張りまして、
めきめき実力がついていきました。
客商売というものは大変な仕事で、クレームの嵐でしたね(笑)
吉子社長が、
「お客様を大事にして、お客様を怒らせたらアカン」
と口癖のように言っていました。
私は、まだまだ生意気な18歳の若造でした(笑)





サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

18歳から陶芸の仕事を始めて、営業、経理、運送、個展、陶芸教室教師を勤めて来た話 #2

著者の島田 隆一郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。