母親のマッサージを10年以上し続けた話 #2

前話: 母親のマッサージを10年以上し続けた話
次話: 母親のマッサージを10年以上し続けた話 #3
マッサージをする時に、コツがあります。

ツボ押しなので、「痛い」ことも……

だから、「ここ、痛くない?大丈夫?」と

聞いてあげるのです。

「ちょっと痛い」と言われたら、

その痛いところの周辺の、痛くないところを

優しく指圧してあげます。

そして、手のひらでそこを優しくローリングで圧して、

血の巡りを良くしてあげます。

それから痛いツボを、本当に優しく優しく押してあげればいいのです。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

母親のマッサージを10年以上し続けた話 #3

著者の島田 隆一郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。