母親のマッサージを10年以上し続けた話 #3

前編: 母親のマッサージを10年以上し続けた話 #2
マッサージの原点は、相手をリラックスさせて癒すことにあります。

母がよく、

「りゅういちろう、あんたも疲れとるのに、無理せんでええよ」

と私がマッサージしてる時に言っていました。

けど、

「俺は、若いから、大丈夫だよ、母さん」

と言いながらマッサージしてました。

私は、親しいひとを癒すのが大好きです。

母親の腰痛も、当時は回復させる程に

ひたすらマッサージしてました。

そして、カラダの疲れたところに、

気を送り込んでいました。


手のツボマッサージ、

肩マッサージ、

背中マッサージ、

首マッサージ、

足マッサージ、

腕マッサージ、

他いろいろやってましたね。

BGMも流しながら、マッサージしてました。

故郷を離れて10年、故郷の母が心配です。

どうか、身体を壊さないように、

長生き出来ますことを願っています。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。