18歳から陶芸の仕事を始めて、営業、経理、運送、個展、陶芸教室教師を勤めて来た話 #3

前編: 18歳から陶芸の仕事を始めて、営業、経理、運送、個展、陶芸教室教師を勤めて来た話 #2

仕事を始めてから気が付いたのですが、

学校の勉強は、仕事には役立たないことも多いですね。

私は、公立の高校を卒業していまして、

(高校三年の12月から、高校には行ってなかったのですが、

担任の先生が卒業の手続きをとってくださいました)

いわゆる進学クラスの生徒でした。

偏差値は、高かったほうですね。

最高記録は、偏差値72。

しかし、学問は、陶芸の仕事では殆ど役立たなかったのです。

なので、基礎からみっちり修業していきました。


第一難関は、土練りです。

毎日毎日土を練っていました。

以前も書きましたが、土練りをマスターするには

3年以上かかるのが一般的です。

いやあ、社長や陶芸教室の生徒さんにしごかれましたねえ。

日展作家の吉田さんや、教え上手なグラサンのおじさん、

他にも沢山の諸先輩方が、指導してくださいました。

お陰様で、めきめき上達していきましたね。

社長の指導は、一番重要な陶芸指導でした。

粘土を練る修業は、第一段階としては

凄まじく良い経験になりました。

やり続けていく内に、粘土が私の学校頭を、練って柔らかくしてくださいました。




みんなの読んで良かった!