17歳の時、騙されて精神病院に連れて行かれて拉致監禁された話 #5

前編: 17歳の時、騙されて精神病院に連れて行かれて拉致監禁された話 #4

盗みをしたことによる罪悪感。


私は、入院中、罪を犯しました。



下川さんのふりかけを盗んで食べてしまったのです。





入院していると、当然食事は満足に食べられません。



食事がまず過ぎて、ヤクザは御飯を捨てていました。



ある日、空腹に耐えかねた私は、



下川さんの部屋に置いてあるふりかけが食べたくなりました。



そして、こっそり部屋に入って、



ふりかけの袋を3つ取りました。



これがまた食べると美味い!





しかしその後、もの凄い罪悪感に襲われました。



「なんで、下川さんの大事なふりかけを盗んでしまったんだ……」



心は痛み、悲しみで一杯になりました。



あれから、ずっと言えずに生きてきたのですが、ここで言います。



下川さん、



大事なふりかけを盗んでしまってごめんなさい。



あなたが闘病中、壁を押しながら身体を鍛えていた姿を、



僕は一生忘れません。



そして、入院中、話をしてくださってくれたこと


本当にありがとうございました。m(_ _)m



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。