17歳の時、騙されて精神病院に連れて行かれて拉致監禁された話 #4

前話: 17歳の時、騙されて精神病院に連れて行かれて拉致監禁された話 #3
次話: 17歳の時、騙されて精神病院に連れて行かれて拉致監禁された話 #5
ある日、ミナトさん(仮名)が、

「俺は自殺する!」

と言い出した。

入院患者が、ミナトさんの飲もうとしている

毒薬を見て、仰天した。


健康食品の、飲むタイプのミロを入れたコップに、

角砂糖が20個以上入っていた。

「俺はこれを飲んで死んでやる!」

みんなが必死で止めていた。

……

………

そんなので死ぬわけないだろ!と俺は思った。


やはり、死ななかった彼は、気持ち悪そうに嗚咽していた。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

17歳の時、騙されて精神病院に連れて行かれて拉致監禁された話 #5

著者の島田 隆一郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。