【第4話】ググレンジャー誕生秘話~将来に悩む青年の出会い~

1 / 2 ページ

前編: 【第3話】ググレンジャー誕生秘話~これで体制は整った~
後編: 【第5話】ググレンジャー誕生秘話~救世主登場!?~

高度成長期・バブルを知らない青年のストーリー

少子高齢化、年金問題、定年は引き上げられ…
アベノミクスで日経平均株価は徐々に上がっているとは言え、一般庶民にはまだまだ不景気の波が強い。大企業だからといって一生安泰というわけではない。
ググレンジャー誕生秘話-第4話では日本で生まれ・育ち、何不自由なく生きてはいるものの、この先行き不透明な日本で、将来について悩みもがいている。
そんな青年が登場するストーリーである。



この先どうなっていくのだろうか…

現在勤めている会社でいつまで働けるのだろうか…
定年まで働けるような会社ではない、しかしこれから転職をしたところで定年まで勤められるような会社に転職することができるだろうか?結婚をして家族も欲しい。でも今の環境ではそれも難しい。これからどう生きていけばいいのか…
まもなく俺は32歳の誕生日を迎えようとしていた。


どうした!顔が”緑色”だぞ!

今抱えている”悩み”は自分一人に限ったことではない。他にもこんな悩みを持っている人はゴマンといるだろう。そこで数年来の友人と会い、将来についてどう考えているのか相談を兼ねて意見を聞いてみることにした。


自分
おつかれ!
友人
どうした。顔が”緑色”だぞ!
自分
緑色?青じゃなくて?
友人
うん。なんか”緑ざめて”てるぞ。シュレックか!
自分
実はさ…

シュレックの話はさて置き、現在勤めている会社の状況・将来についての不安などを友人に話してみた。


友人
その不安は誰にでもあるだろうね。一部上場企業に勤めてたって経営が傾けば誰でもリストラされる可能性もあるし、会社自体が倒産してしてしまう可能性もないことないし…これから先は自分一人でも稼いでいける力を付けないと難しいだろうね。昔からよく手に職をつけろって言われてたろ?
自分
手に職ねぇ…

俺はすでに30歳を過ぎている、これから手に職をつけると言っても遅すぎやしないか…”何かを始めることに遅いということはない”という言葉はあるが、果たして今の自分にその言葉が当てはまるだろうか…



悩んでる暇があったら挑戦してみろ!


自分
そういうお前はなんかあるの?そういやお前いつも運良かったしな~
友人
成功した人はみんな運が良かったって言ってる人多いけど、何にもしないで幸運が空から降ってくるなんてことは絶対にないし、行動してチャンスを見つけてそのチャンスをモノにしてる人が成功してるだけだから。ただ待ってるだけじゃ運は良くならないよ!
自分
まあ、確かに…
友人
実はさ、今ググレンジャーっていう企画をやることになってて、サイト立ち上げようとしてるんだけど、どう?顔が”緑色”の君!
自分
ぐぐ?れんじゃ?


友人はググレンジャーとは何か?今後何をやっていくかなどの詳細を話してくれた。


自分
つまり、みんながレンジャーの格好をして動画を撮影して、それを掲載するサイトを作っていくってことか。それでお前は何色なの?
友人
ブルーに決まった。
自分
ブルー?ブルー着るの?
友人
そう。ブルーになることになった。今レッドとイエローが決まってて、この前レッドから誘われたばっかりでさ、これはチャンスだと思って引き受けた。
自分
チャンスか…
友人
悩んでる暇があったら、今目の前にあるチャンス捕まえに行ったら?
自分
そうだな、なんか面白そうだしやってみるか!
友人
じゃグリーンで!
自分
さっきからの緑ってそういうことだったのか…

実はブルーは、今日会う約束をしたときから俺をグリーンに誘おうと思っていたらしい。
これで将来の不安が消えたわけじゃないけど、ブルーが言うとおり今できることを精一杯やってみることにした。


ブルー:「あっ、もしもしブルーですけど。」
レッド:「どうしたブルー」
ブルー:「グリーン決まったので、報告で連絡しました。」

みんなの読んで良かった!