大学院をやめても、リクルートスーツを着なくても、片手間感ハンパ無くても就職活動はどうにかなった話

1 / 3 ページ

前編: 【大学院辞めるよ!】 2ヵ月の就職活動で内定を貰った話。

しゅうかつ ダイジェスト

2013年3月くらいのわたし
(M2になるなー。とりあえず休学して働いてみよう。)
2013年、休学中のわたし
(仕事むっちゃしんどい・・・ゲロゲロ。辞めてもアレやし、辞めないけど....)
2013年12月のわたし
(大学院戻るんビミョいなー。...でも4月から働ける所で採用してるとこあるんやろうか。とりあえず気になる企業は電話しまくろう。)
2014年1月のわたし
(リクルートスーツはダサいので着たくない。選考中の社員さんとのお昼ご飯おいしい)
2014年2月頭のわたし
(選考中の社員さんとの晩御飯おいしい)

今のわたし
(内定ありがとう。4月から働ける~。大学院辞めっぴ)

以上のような流れで、翌4月から働く為のシューカツを12月頃から始め、スロースターターながらも、超短期戦で終えたった話を書いていこうと思います。

※表面的な話ばっか見えるように書こうと思うので何の役にも立たないように見えますが、本人は真面目です。
しかし、「たった2か月で内定!?"就職活動"を乗り切る為に外せない3つのポイントとは・・・!?」的な事を語るのはいつでも本当に不本意ですね。みんなシューカツなんてやめちゃえばいい。

大学院を辞めるよー!

世間1
じゃあ何で入ってん??
世間2
勿体ないッショ~。卒業したらえぇやんー。学生最高ゥゥー!うぇーい!

大学院(しかも文系)へ行くという選択

           (大学院に通う私。共同研究室にて。)

写真の通り、ガリ勉感を存分に醸し出していました。

さて時は遡り、学部3回生を終えようとしている頃、
周りに流されるように、就職活動を行っておりました。
ぶっちゃけ全然やる気無かったです。
最終面接まで行っても、「そんなに志望度高くないっす」と面接官にハキハキ伝え、華麗に落とされた事もありましたが、当時の純粋さ・素直さは未だ持ち合わせているつもりです。
3回生のわたし
(うへぇ。カイシャってのに入らなあかんのかよ・・・。周りの人すげぇキラキラしてるし何これ。)
そもそもなんですが、
遊びも勉強も自分の好きな事ばっかりやってきた学生が、
3回生の終盤から急に「ビジネス」の世界に興味を持ちだすって凄く不自然な事だと感じています。やったことも無いのにねぇ。
(お金を稼ぐ!という事にカタルシスを感じる性質を持ち合わせているのであれば話は別ですが・・・。)
他学部のゼミに入ったり、外国人留学生と法交渉の大会に出たりとまあまあアクティブな学生生活を送っていましたが、上記の疑問と「まだまだ学生やりきってないなー」と思った所が最終的に大学院進学を決めた理由となりました。
専攻は、今まで齧ってきた英語に関わる「言語学」という分野です。
大学院の入試はヌルすぎたので割愛。

休学をしよう!とりあえず働いてみよう!!

幸いにも院のメンバーには恵まれており、皆さん真面目でノリも良く遊びも勉強も超充実しておりました。今でも仲がいい。

とりあえずやりきって居なかった「勉強」に力を注ぎ、
まあまあな好成績(笑)にて殆ど単位を取り切り、残り修士論文+αのみといった形でM1を終えました。

*****************************
さて、ここで「大学院」という場所について僕の見解になるのですが...
あくまでも「研究」(今まで分からんかった物事を解明する!事)が活動の前提となっています。(受験するまでそんな事全く知らんかったのですが笑)

したらば、

大学院生 直前のわたし
(うおぉ!「研究」とは!? アカデミック感ハンパ無い!! すげぇ事できるんかいな!?!?)
と思い、ハイテンションで志望理由を持ちつつ入院(=大学院に入る事。造語。)し、勉強をガリガリ行い...いざ研究計画を提出!!

2012年半ばのわたし
せんせい! こんな○○な事を解明したいんで、××という手法で△△を研究したいっすー!!超エキサイティングっす!!!!
担当教授
.....無理やでこれ。普通に考えて。いつどうやってデータとってどうやって分析すんのこれ。
2012年半ばのわたし
(; ^ω^) !?!?
何これ。となりました。
僕が入った大学院は「独立研究科」("学部"が存在しない大学院。普通なら文学部→文学研究科となる。)であり、いわば2年間でイチから学ばなければならない大学院でした。
ただでさえ2年間しかない大学院生活。できる事なんて超限られている訳です。

2012年終盤のわたし
(うえぇ。どうすりゃいいんやー。てか、何の為に論文書くんやこれ...アカデミック感...)
完全に"卒業"する為に存在してしまう修士論文...これやったら学部の時と変わらんぞ、オイ。

身も心も寒くなっている時(冬なので)に将来について考える...
○教授?進学???
→上記の下りで、完全に無いな、となる。
○教師になろうか!
→周りの教師志望の友人に比べ、自分が科目教育というものに全然アツく取り組めない為却下。

という事は、
        就 職 活 動  again.

という選択になってしまう...。
とりあえず大学院を半分終えたけど、企業の人に認められる人物になっているのだろうか....。

その時ですね、幸いにも縁があり企業の採用支援を行うベンチャー企業でインターンシップを行っておりましてこれが思ったより面白かったのです。

2013年1月頃のわたし
(ここでちょっと頑張ったら、その先どうにかなりそうかも・・?大手企業の採用担当とのコネクションもできそうやし)
というわけで、
社会勉強目的で大学院を休学し、インターン先の企業で「社員コミット」という形での勤務をスタートしました。

みんなの読んで良かった!