小学校の時、稼ぎまくっていた話 #3

前話: 小学生の時、稼ぎまくっていた話 #2
次話: 小学校の時、稼ぎまくっていた話 #4


私は、小学校の頃から漫画を描くのが好きでした。



初めて描いた漫画は、「あほくん」という漫画で、



小学生らしい かなり雑で適当な漫画でしたね(苦笑)



しかし、友達に見せてみると、「りゅう、面白いよ、これ」という反応。



当時読んでいたコロコロコミックに、漫画の描き方が掲載されていたので



参考にしながら、スキルアップしていきました。



そして親父のコピー機を借りてコピーをして、



友達に漫画を売り始めました。



最初、「10円で買ってくれないかな?」と言うと



数人の友達が買ってくれたので、勢いで連載を始めました。



友達から、「りゅう、今回のは面白くなかった」「今回のは面白かった」



などと、評価を頂きながら描き進めていけたのは有り難かったですね。



真剣に描いても評価はイマイチだったり、



気ままに描いたのがウケたりもしていたのですが、



力作を初めて描いた時に友人2人が、



「これは、よく出来てるから100円で買うわ、りゅう」



と言ってくれたことで、私は商売のヒントを得ました。



「本当にしっかり仕事をすれば、報酬が上がることもある。



見る人は本当にしっかり見てくれている。よし、頑張ろう!」



さてさて、では、今回の話はこの辺りで^ - ^





カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

小学校の時、稼ぎまくっていた話 #4

著者の島田 隆一郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。