小学校の時、稼ぎまくっていた話 #4

1 / 2 ページ

前編: 小学校の時、稼ぎまくっていた話 #3


私が小学校6年生の時に、親友の誠ちゃんと漫画の共作を始めました。



誠ちゃんは一緒に漫才コンビを組んだり、



討論してきた心安い仲です。



誠ちゃんの申し出で、宇宙物語を書き始めました。



彼は、私より漫画の知識や一般常識があったので、



色々助けられながら共同制作していきました。



私の自宅で会議しながら描き進めたり、



学校の休み時間に描いたりしてました。



お昼休みなどは、制作中の私達に同級生が群がって、



制作現場をみんなが興味深く見物していました。



ワンストーリーが描き終わるとさあ大変、



みんなが読みたがります。



仕上がった原稿を、私は毎度ながら親父のコピー機でコピーしまくり、



売りに走りました(笑)



みんなの読んで良かった!