時効だから話す殺人事件 第三回

前話: 時効だから話す殺人事件 第二回
次話: 時効だから話す殺人事件 第四回
 ひとこと話したAは、下を向たままでした。自分の受けたショックを消化しきれないのでしょう。
 こんなに落ち込んでいる様子は初めて見ました。僕もこれは冗談なんかじゃないんだなと察しました。
 Aの部屋に居て、首をうなだれているAの隣に座り、なんとか慰めようと思いました。詳しい話しを聞いてみたいと思い、黙ってAが話すのを待ちました。

グラス(コーラ)のアイスも無くなった頃、やっと話せる状態になりました。
 チーちゃんの弟と買い物に行ったさい、弟から驚愕の告白があったのです。
 まとめてみると、チーちゃんと伯父さんは、ある五十歳台の紳士から多額の借金があった

との事です。何に使ったとかはわかりません。毎月の支払いの際、その紳士は朝の九時く

らいに車で迎えにくるのだそうです。

チーちゃんを乗せた車は、夕方頃に帰ってくるのです。Aにはその空白の長い時間の意味がわかりました。
 16歳の女の子と一緒になって、なにもないわけがありません。

 聞いた僕もショックでしたが、彼氏であるAは、もっとショックだったはずです。お互い黙りこんでいました。
 暫くして思い出しました。その殺人ってなんのことだろ。思い切って聞きました。
なぁ、おまえ殺人って言ったよな。どういうこと?
 Aは方を震わせ、泣き出しました。あぁ余計だったな、失敗したと後悔しました。
 普通なら友達なら慰めるのでしょうけど、あの時は二重のショックを受けていた
ので、黙って待ったほうが賢明だと静かにしていました。
 
かなりな時間が経ち、Aがゆっくりと話し始めました。

 弟の話では、ある日曜日に、その紳士が来ました。チーちゃんは車に乗り、家から出て、

前の通りを左に曲がって出て行ったのを弟は観ていました。その後、伯父さんも車を出し、

右に曲がり行きました。
 ところが、別々の車で出たチーちゃんは、なぜか伯父さんの車で一緒に夕方頃に帰って

きたのです。弟はあれ?とは思いましたが、特に気にしませんでした。
 何日かして、家に警察が来ました。伯父さん、チーちゃん、弟とみんなに事情聴取をうけました。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

時効だから話す殺人事件 第四回

著者の大澤 宏さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。