【筋肉は世界の共通言語】元高校球児が、10年かけ筋肉バカドットコムというサイトを作るまでの話。<1回目>

1 / 3 ページ

後編: 【筋肉は世界の共通言語】元高校球児が、10年かけ筋肉バカドットコムというサイトを作るまでの話。<2回目>

挨拶

はじめまして、遠藤大次郎と申します。

今この文章を書いている僕の年齢は30歳です。

現在「筋肉バカドットコム」というサイトを運営していますが、

そこに至るまでの道のりをお話しできればと思っています。

この話しをするために人生の節目となった約10年前へとさかのぼります。

何回かに分けて書いていきますので宜しくお願い致します。



プロ野球選手を目指していた



20歳になる少し前、19歳の時にアメリカのアリゾナ州という場所に僕はいました。

その目的は独立リーグというプロ野球のテストを受け、

プロ野球選手としてスタートする為でした。

まだ当時、日本では誕生していなかった、独立リーグですが、

アメリカやメキシコなどでは一般的で、月給8万円前後という厳しい契約条件ではあるものの、

お金をもらって野球ができるというプロ野球選手の道がそこにありました。


日本では高校や大学、社会人クラブで活躍をして日本プロ野球界でドラフトにかかるのが一般的ですが、

日本にいる間のキャリアとして無名の選手でも、海外の独立リーグなどで揉まれながら成長をし大きな活躍をすれば、その能力を買われドラフトにかかる可能性が僅かにあるのです。

いわゆる逆輸入選手と言われるタイプです。


その道を目指すために独立リーグのテストへ僕は参加しました。

アリゾナの球場に現地のスカウトが集まっていたわけですが、

具体的な内容としてはフェニックスカレッジというアメリカ現地の学生と練習試合をし、その内容を見て、独立リーグへの合否を決めるというものでした。


英語は喋れない、小学生以下の英単語でコミュニケーションをとる

その日、ピッチャーである僕に登板の機会が与えられました、

バッターはもちろん、自分の守備を守ってくれるのも、外国人。


学生時代に学校での勉強に興味が湧かなかった僕は、普通科の授業はそっちのけで、

野球の本や、授業とは関係のない本を読み、世の中には凄い人が沢山いるんだな!授業の話しよりも何倍も面白い!僕も負けてられない!とテンションを上げて生活していた為、

おかげで授業の赤点は積み重ね続けます。野球をやる為に大学へ進学するつもりはありませんでした。


先生には怒られ続け、時に心配され、

あらゆる教科において成績の悪いバカな生徒として認識されていきます。

野球をしているときと、授業を受けているときのお前は物事に対する真剣さは別人だ。表情が違う。ある意味怖い(笑)そんな事を友人から良く言われていました。


そんな長年の学生生活だったため英語はイエス、ノー、オーケー!マイネーム・イズ・エンドウ!

そんなレベルしか使えないわけですが、ピッチャーや野球としての英語は使うことができたため、

みんなの読んで良かった!