【筋肉は世界の共通言語】元高校球児が、10年かけ筋肉バカドットコムというサイトを作るまでの話。<2回目>

1 / 3 ページ

前編: 【筋肉は世界の共通言語】元高校球児が、10年かけ筋肉バカドットコムというサイトを作るまでの話。<1回目>
後編: 【筋肉は世界の共通言語】元高校球児が、10年かけ筋肉バカドットコムというサイトを作るまでの話。<3回目>


僕は野球を通じて何を実現したかったのか。

ペンを握り、テーブルに置かれた何も書かれていない紙に向けて自ら問いかけていました。

なぜ僕は野球を仕事にしようとしてきたのだろうか?と。


授業中に怒られながら隠れて読んだ本の事を思い出します。


「人生には、目的と手段の2種類があるんだよ」


目的とは自分が成し遂げたい事であり、

手段とはその目的(成し遂げたい事)に到達するための方法です。


もし僕にとって、プロ野球選手になることだけが成し遂げたい事であれば、そこから何年かけてでも練習を積み重ねて、独立リーグに挑戦したはずなのです。


しかしそうしたいと思わなかったのは、自分の実力では、理想とする目的に到達できないと判断したからなのです。

ではその理想とする目的とはなんだったのでしょうか?


多くの人を喜ばせる事が目的、圧倒的レベルの選手になることは必須条件


僕は千葉県生まれなので、千葉ロッテマリーンズの試合も観にいった事があり、プロ野球のTV中継も良く観ていました。

そこで目に映る映像は、何万人もの観客が熱狂的に応援し、初めてそこで会った人たち同士が時に喜び、時に涙を流しているシーンです。

いいプレーをし活躍をすれば、沢山の人が喜んでくれる。

それは球場にいる人だけではなくて、TVや新聞、ラジオを通じて日本全国の人たちが一斉にです。

小学生の時は漠然とでしたが、

中学生になるとプロ野球選手というものはなんてすばらしい仕事なんだろうかと強く感じ、目指すことになったのです。


そして僕の中に常にイメージがあった理想の選手像は、

実力はもちろんのこと、常に明るく、ファンやユーモアを大切にできる選手。


それは例えるならば、阪神、そして日ハムでパリーグを盛り上げ、のちにメジャーで活躍されていった新庄剛志さんの様な選手像でした。

特にパリーグと北海道を盛り上げたエンターテイメント性はみなさんも良くご存じだと思います。

そういった選手になるには、どんな状況でもスタメンやエースとして君臨できる実力者でなけばいけません。

監督にある程度の自由を許されるほどの圧倒的な実力を持っていないといけないわけです。


僕は多くの人に喜んで貰いたくて、喜ばせたくて野球選手を目指していたんだ。

それが明確になり自覚した瞬間でした。



野球は諦めた。しかし多くの人を喜ばせる事は一切変わらない


この世の中には様々な職業や生き方があり、

みんなの読んで良かった!