マニラ航空のトイレの女神様は容赦ない。

後編: マニラ航空のトイレの女神様は容赦ない。後編

♪トイレにはそれはそれは綺麗な女神様がいるんやで〜










ガヤガヤ。ガヤガヤ





そんな声を発している人は一人もいないのだが、なぜかこの表現が一番しっくりくるのは何故だろう。

成田空港の発着ロビーはそんな騒がしさだった。



始めての海外旅行である私は、どうも落ち着く事ができず、ソワソワする。

何度もトイレに行ってみたり、喫煙所でタバコを立て続けに吸ってみたりもした。



ようやく。

搭乗のアナウンスがロビーに響いた。

今回の旅行は観光地、ではなく、フィリピンの首都マニラにある友人家族のところに行く。

属にいうホームステイである。




機内に入るとフィリピン人の美人搭乗員さんが

白い歯見せてスマイリーな挨拶してきた。






うん。間違いない。良い旅になりそうだ。





指定された席のアルファベットと番号を探しだし、席に着いた。

友人も隣の並びの席に座る。

機内アナウンスが流れる。




アナウンスの声
大変お待たせしております。この飛行機は出発まで20分ほどかかります。もうしばらくお待ちください。




冗談じゃない!そんなに待てる訳が無い!

乗客の全員が待てても、わたしは待てない!

なぜならフィリピンが私を待っているからだ!




今思うとせっかちな性格ほど損なものは無いとおもう。




結局機内でも退屈になってしまったのでまたトイレに行った。






機内のシンプルで窮屈なトイレは居心地が悪い。

さてどうしようかと思った矢先、目の前にすごいものがあった!







おおお!タバコが吸えるじゃないか!

あんなに禁煙を、凱歌のごとく高らかに歌うこのご時世に

まさか飛行機のトイレでタバコが吸えるとは!


どうやらトイレの女神様は私に微笑んだようだ。





しかし!さらに私の視界にとんでもないものが映った!





禁煙マークである!

矛盾だ!あまりに矛盾している!

灰皿でニコチンを欲しさせて、禁煙マークで堕ちさせるという

なんとも人間心理を知り尽くした嫌がらせである!


トイレの女神様は微笑んでなどいなかったのだ!!!不覚!






いや、そうじゃない。そうじゃないんだ松本正治!

この禁煙マークは機内の席での喫煙を禁じているのであって、

トイレでは吸ってよいのだ!

英語力は壊滅的だが、少しは分かる!

IN TOILET とは即ちトイレ内のみでの喫煙を促しているのだ!



そして私は女神様に温かく見守られる中、くわえた煙草に火をつけた。











大きく息を吸い込む。

身体の中をニコチンが巡る。心地いい。

これで珈琲を淹れて、クラシックなんか流したら最高だ。







続きのストーリーはこちら!

マニラ航空のトイレの女神様は容赦ない。後編

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。