マニラ航空のトイレの女神様は容赦ない。後編

前編: マニラ航空のトイレの女神様は容赦ない。

 



前回のあらすじ。

マニラ航空の美人添乗員さんの最高のスマイルと

美味しい珈琲とクラシックを聴きながら煙草を吸う私に

トイレの女神様が優しくほほえんでいました。

















ピーピーピーピーピーピー


突然!機内にけたたましい警報がなりだしたのである。




何だ何だ何事だ!?テロリストか!?

と思いきや、頭上の煙探知機から音が鳴っていたのには絶望した。

まんまとやられたのである。警報音がトイレの女神様の笑い声に聴こえてくる。

どうやら私がテロリストだと言いたいらしい。



このときのことを振り返ると、一瞬の出来事なのに

まるでスローモーションになったように感じていたのを覚えている。

走馬灯みたいなのがみえていた気がする。





ドンッドンッドンッドンッドンっ!!!!!!


トイレの扉の向こうから容赦なく誰かが扉をノック、いや、殴っている





正面には殴られている扉。

後方には便座。

背水の陣とはこういうのを言うのだろう。




どうしようもないので扉を開けると












屈強なフィリピン人が現れた。


衝撃的である。



スーツ姿のフィリピン人二人に両脇を抱えられ、機内から外へ。



「%&%&*+*!!!!!」


早口なタガログ語で怒鳴られても全く分からず、戸惑う。

顔の血の上り方が半端ないので、逆にそれが心配になるくらいだが、

そんなの絶対言えないし、タガログ語喋れない。

なによりこの人たちの殺意のオーラが半端ないのである。

外人さんがマジギレしているのは本当に怖い。

泣きべそ状態である。




こ、こ、殺されるぅ〜!!

心底思った。もしかしたらこの機内では日本の法律が適用されないのかと。





そんな命の危険を感じた時、

しばらくすると日本人スタッフさんがやっと来てくれた!これで救われた。





そこでスタッフの人が私に言った。













「飛行機は禁煙です。」









じゃああんなまぎわらしい灰皿撤去してしまえ!


っと心の中でさけんでみた。が、きっと通じてはくれないだろう。








あぁ。どうなってしまうのだろう私のフィリピン旅行は。

このときばかりは本気で行きたくなくなった。

そんな絶望的な恐怖と不安と一緒に、飛行機は日本を飛び立った。



窓から見える日本の景色が涙で滲んだ。










読んでいただいてありがとうございます。このフィリピン旅行については

アメブロの 世界ウルルン的なinフィリピン にて書いています。ぜひ!

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。