【筋肉は世界の共通言語】元高校球児が、10年かけ筋肉バカドットコムというサイトを作るまでの話。<4回目>

1 / 3 ページ

前編: 【筋肉は世界の共通言語】元高校球児が、10年かけ筋肉バカドットコムというサイトを作るまでの話。<3回目>
後編: 【筋肉は世界の共通言語】元高校球児が、10年かけ筋肉バカドットコムというサイトを作るまでの話。<5回目>



自動車工場で2か月間を過ごす。それはまるで精神と時の部屋


 神奈川県の横浜駅から乗り継ぎ、さらに奥へと電車はすすみました、

初めて乗る路線をいくつも乗り継ぎ、時に駅員さんに教えてもらいながら工場がある最寄駅へたどり着きました。

駅ではワゴンのような車で派遣会社の人が迎えに来ており、言われるがままに車にのり事務所へと向かいます。

 どこかで働くということは就活などを経験された方のイメージとしては、エントリーシートを送り、

筆記試験や何度も面接を突破して、やっとという感覚があると思います。

 しかしこの様なタイプの仕事は、健康な体と根性さえ持ち合わせていれば、電話ごしに年齢や働く期間などを伝えて、もう合格なのです。

 条件はただ一つ「キツくても期間終了まで逃げるな」です。

僕の履歴書などは事務所に着いてから、提出しました。

 ほとんど読まれなかったと思いますし、特に驚いたのは働く動機なども質問もされなかったからです。履歴書はすぐにデスクへと置かれました。

 

 派遣会社の人は教えてくれました。

ここに来る人の目的はただ一つだから、いちいち聞く必要もないと、ただ”金を稼ぎにきた”シンプルにそれだけなのだと。

「じゃ。寮に案内するから」

はい。


5畳一間の和室、布団さえもない部屋


 鍵を渡されて2か月の工場勤務がスタートしました、そこで経験したこと、出会った人たちのことや交わした会話は今でもハッキリと覚えています。

 水商売の仕事を辞めて自分のバーを作るための稼ぎにきた男性、東北から沖縄へ移住する資金を出稼ぎにきた男性、自衛隊をやめて賃金の高い仕事を探して稼ぎにきた男性、彼女と駆け落ちしてひとまず稼ぎながら考えると住み込みで来た同性愛カップル。

それぞれが目的を持ち、お互いに多くを語らずに黙々と仕事をしていました。

 工場の仕事というのは、ベルトコンベアに流れる自動車のパーツにひたすら電動ドリルでねじを打ち込んだり、部品に不良品が無いかをひたすらにチェックしていきます。

 持ち場のローテーションなどはありません、朝から晩まで、自分の位置で同じ仕事をひたすらこなすのです。

 ねじを打ち込む場所にいる人は、1日に何千回も、十時間近く流れてくる部品に対して、ただただねじを打つのです。

それをずっと、毎日繰り返していきます。

当然納品数のノルマがかせられており時間に追われますし、休憩は自由にとれずベルトコンベアーのスピードに合わせるように、僕たちは仕事していきました。



労働環境のキツさにうんざりし、辞めていく仲間たち

 いろんな人たちが集まってくるので、新人が着たと思ったら1日で辞めていなくなったとか、派遣会社ん連絡もせずに寮から消えていたなんてことがありました、そのあと、彼らがどうなったかはわかりません。

ただそれだけは良くないよねと話し合っていた職場の仲間がいたのですが、

知り合って1ヶ月ほどしたある日、

「身体がもたねーよ!ふざけるな!」と休憩中に職場の仲間キレて一斗缶を蹴りあげてそのまま出ていき辞めていきました。

 猛暑が続く中、ノルマがきつくなり連日の休憩時間がたった5分しか貰えないという状況になっており、異常なほどストレスがたまっていたのです。

 この時は本当に僕も同じ状況で働いていたので精神的にも体力的にも疲労困憊しており、その男性が辞める気持ちは痛いほど理解できました。辞められるものなら、僕も辞めたい・・・。ただ引っ越し資金を貯める事と、2か月だけという期限があったため耐え

 辞められるものなら、僕も辞めたい・・・。

ただ引っ越し資金を貯める事と、2か月だけという期限が耐させてくれました。


みんなの読んで良かった!