8年間のバンド生活を辞めた今でもメッセージを届けたい理由

1 / 6 ページ




僕は高校3年の時、進路に悩んでいました。


昔から憧れていた"お笑い芸人"になる為に芸人養成所に入るか、食べる事が好きで知らない間に得意になった料理を極める為に"調理師"の学校に行くのか、はたまた小学校の時から諦めきれない夢の"漫画家"になる為にデザインの学校に行くのか。


勉強が嫌いな僕にとって大学という選択肢だけはありませんでした。


悩んでいる内に願書の提出の日になり、親には全く相談も報告もせずに音楽の専門学校に進学。

楽器は先輩から2000円で譲ってもらった初心者用のエレキベースを1本持っているだけ。

チューニング(音合わせ)の仕方もわからないし、楽譜も読めない。

それでも音楽の専門学校を選択した理由は1つ、"家が近い"というだけでした。



適当な理由で決めた進学が僕の人生そのものを変え、今の自分に出会えたんじゃないかなと思っています。

そんな僕が今こうして話を書いている理由を書きたいと思います。

少し長くなりますが、お付き合いよろしくお願い致します。





バカな自分の考え方を打破してくれたのが音楽でした

高校時代、友達は少なかったし趣味もなく、学校から帰ってきてはバイトに行くだけの毎日を過ごしていました。

ゲームにもマンガにも興味はなく、家ではテレビを見るぐらい。

ネガティブでネクラな僕はそんな毎日が全く楽しくなく、生きてるのが苦しいと思うことが多かった。

住んでいたのはマンションの11階、

『ここから飛び降りたらこの苦しみから解放されるのか』と考えながら何度もベランダの柵に足をかけていました。


今考えたら浅はかな考えだったと反省しています。けれど、そんな時があったからこそ今は毎日大事に生きることができていると思っています。


飛び降りる度胸もない僕でしたが、くだらないと思っていた毎日の中でも唯一楽しみにしていたことがありました。

それは"音楽"を聴く事。

テレビの音楽番組で紹介されているようなJ-POPしか聴いていなかったのですが、最新チャートをしっかりチェックしては毎週のようにレンタルCDショップでCDを借りていました。

誰に自慢するわけでもなければ良さを分かち合う友達もいない。もちろん歌えるようになってもカラオケに行く友達もいない。それでも一人でMDに録音された曲たちを聴くのが日課でした。

耳に入ってくる誰かの声で寂しさをごまかしていました。



ある日、いつも通りに最新CDを選びレンタルして家で袋を開けてみると、中に入っていたのは借りた覚えのないインディーズの青春パンクバンドのCDでした。

恐らく店員さんが間違えた袋を渡してきたんだと思います。

自分が選んだCDは1枚も入ってなくてガッカリしたのですが、せっかくなので聴いてみようと思いCDデッキに入れ再生。それが僕にとって人生が変わった瞬間でした。

スピーカーから流れ出したのは歪んだ爆音で全く未来を見ずに足下しか照らそうとしない毎日を過ごしていた僕をぶん殴ってきました。

みんなの読んで良かった!