なんで今ごろ改めて? 先生の言葉

1 / 2 ページ

高2。

いよいよ進路を確定しなくては

ならなかったとき・・・

当時のボクは、恥ずかしながら、

『自分が何に向いているのか?』はもちろん、

『何をやりたいのか・・・?』さえ、

わからなかった。

当時は勉強もせず寿司屋のバイトにのめりこみ、

お金を稼ぐ楽しさと苦しさ、大変さ、充実、

得たお金でモノを手に入れる満足や優越・・・

そして、勉強のつまらなさ・・・

(できなかったからつまらないのだが)

それを感じ、漠然とこのまま寿司屋で

働かせてもらおうかな~ と考えていた。

高2の夏休み。

町で偶然、社会の先生とばったり会い、

バイトに行くまでの時間、

先生の部屋に遊びに行くことになった。

30過ぎの、男一人暮らし。

ドアを開けると、むわっとした、

タバコと汗のにおい・・・

本、雑誌、新聞、吸い殻でいっぱいになった

灰皿・・・

洗濯物は一応部屋の片隅にまとめられて

いたが、洗ったものか汚れ物か、

わからない状態・・・

『きったねぇ、部屋~!」

そんな悪態をつきながらも、

ちょっとうれしかった。

なぜなら、一番好きな教科が社会で、

それを担当していた先生の部屋に

招かれたから。。。

そこに座れ! と言われ、

出された麦茶を一気に飲み干す。

『お前、進路決めたか?』

『いや、まだっす! 先生はなんで

先生になろうと思ったんですか?』

・・・・

おもむろに立ち上がった先生は、

3段のカラーボックスの上にあった

地球儀をもって、

『世界は広いということを、お前らに

知ってほしいんや!』

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の海風 かおるさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。