小•中•高校卒までのイジメを経験して…

1 / 2 ページ

はじめに。

私は…小学校から高校卒業までの
12年間…ずっとイジメられて
いました…。私にとってのこの
12年間は…本当に…生きた心地が
しませんでした…。
周りからしたら…私のはもしかしたら
イジメに該当しないのかも
しれませんが…私にとっては
耐え難い…心の暴力でした…。

第一章 最初のイジメ…。

私がイジメを経験したのは…
小学校1年生からだった…。
…どうしよう、すでになんか
怖くて…パニックになってきた…汗
人見知りが激しくて…
なかなか話が出来なかった私は…
イジメの標的になった…。
それでも…バカって言われた時
私は笑って言い返したよ…。
私、バカじゃないよって…。
あ…やっぱりダメだ…汗
心拍数が上がってきた…。
心臓がドキドキする…。汗
やっぱ…辞めようかな…。
思い出して書くの…。
いや、でも…なんとか
乗り越えていかなくちゃ…。
トラウマに…フラッシュバックに
勝たなくちゃいけないから
頑張って書いてみよう…汗。
トリマーとして復帰するんだから
いつまでも、男の人が怖いとか
同年代の男女が怖いとか…
そんなこと言ってたら…仕事に
ならないしね…汗。
…私が笑って言い返したのには
訳がある。それは…
私は悪いことをしてるわけじゃないし
やましい事はなにも
してないから、怯えていたら
誤解される=バカだと思われる…
そう思ったから笑って言い返した。
でも…それが間違いだった…。
もし、言い返してなければ
私のイジメは小学校1年生で
終わっていたのかもしれない…。
イジメが徐々に酷くなっていったのは
言い返してからだった…。

第二章  小学校6年生

小学校時代で1番酷かったのが
小学校6年生だったから
あえて、第二章を小学校6年生に
しました。うん…そうだ…
私が人に後ろに立たれると凄く
怖かったり、ご飯を食べる時
遠くを見て、目線を逸らして食べる
癖も…全てはここから始まった…。
小学校6年生のとき、何も話さない
ことが面白かったのか、言い返した
反応が面白かったのか…わからないが
一部の男の子から頻繁に頭や体を
叩かれるようになった…。
しかも相手は面白半分で…。
これがまた、たちが悪い…。
わざと大きな声を出して私を
脅かしながら、体や肩や頭を叩く…。
いったい私が何をしたのか
全くわからなかったし…
なんで?って聞き返しても
ただ笑って叩いてくるだけだった…。
こいつ聞き返したぞ(笑)みたいな…。

第三章 中学生

イジメなんて…正直言って
小学校で終わるとばかり思ってた。
でも…序章にすぎなかったんだ。
本当の始まりは全てここから…。
新しく友達になったらしい男子に
地元?のいじめっ子の男子組が
デタラメな噂を流したらしく
ますますエスカレートした。
おもしろがって、頭などを
叩かれるのは日常茶飯事…。
テストの点数が良かっただけで
『チッ』っと舌打ち。
なんで舌打ちされるのか
訳がわからなかった。

第四章 中2の合唱コンクール

他の中学校でもそうかもしれないけど
私が通っていた中学校でも
合唱コンクールがあった。
クラスでは優勝するために
毎朝練習をしてました。
担任の先生がなぜか張り切って
絶対優勝だとか言って…。
正直言って…今だから言えるけど
めちゃくちゃウザかった。
優勝なんてしなくていいじゃん。
どうせ優勝なんて出来ないんだし。
男子組はちゃらんぽらんな
態度で、練習もウザウザ…。
そんな状態で優勝なんて無理!!
案の定、優勝は出来なかった。
でも確か…3位くらいだった。
練習は地獄だったよ…。
担任が皆に腹から声を出して
口を大きく開けて歌えと
言っていたから…私も一応は
期待に応えようと大きな声で歌った。
が…しかし、それもいじめっ子の
男子組は気に入らなかったらしく
デカイ声で歌って『キモっ(笑)』
そう一言笑って言い放った。
ふっ…そうかよ…。
もう勝手にしたらいいじゃん…。
勝手にキモイとか言って
笑ってりゃいいじゃん…。
そんな気持ちだった。

第五章 高校入学

…いきなり話が中学校から高校に

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。