ど田舎にできた高校アメフト部がたった2年で関西大会に出た話(16.心意気は伝染する)

1 / 5 ページ

⒗心意気は伝染する

 

4月も終わりが近づきいよいよ、春のシーズンが始まった。

初戦の相手は最近できたばかりの大川高校。全くどんなチームか分からないので、試合前に相手高校の分析をする必要があった。

ある日、U先生が僕を体育教官室に呼んだ。

「お前ら貧乏やから、みなで都会まで試合を見に行く金がないやろ」

「ビデオカメラこうてきたから、これで誰か大川の試合を写してこい」

なんと、U先生はいつのまにかビデオカメラとビデオデッキを買っていた。

カメラとビデオデッキを合わせて50万円の値段がついていた。

(きっとボーナス全部はたいても足らんかったやろな)

その話を聞いて、僕らは思った。

ビデオでスカウティングするのはめずらしく、兵庫県では関西学院大学以外には使用しているところはなかった。それにしても50万円をつぎ込むとはいくら顧問でも、めったにできることではない。

 

このおかげで、初戦の大川高校には大差で勝った。

ビデオで分析した結果、コーナーバックが「45度クイック」といって、攻撃の一番外側に位置するフランカーが、45斜めに走りこんでパスを受けるパターンを警戒して最初から、フランカーの内側に位置していることが分かったからだ。もし、本番でもこうであればレッドコールをする作戦であった。

フットボールでは、予めキーカラーを決めておいてこれを状況に応じてクォーターバックがコールすることで、その場でプレーを変更することがある。

例えば、キーカラーをレッドと決めた場合には、レッドのコールでプレーを予め決められているプレーに変更する。それ以外のカラーのときは何も変更しない。

セットしたときにクォーターバックは、相手方のディフェンス体型を「ファイブ・ツー、ファイブ・ツー」というように大きく叫ぶが、それに続いて

「イエロー41」と叫ぶのだ。

このときはカラーがキーカラーではないので何も変わらない。ところが、クォーターバックのコールが

「レッド41」であればプレーを変更する。

みんなの読んで良かった!