古民家ゲストハウスの創り方

1 / 6 ページ

前編: 「楽しいこと以外やらない。」そうやって生きていくことだけ、決めました。

え?!ここ?!ここはさすがに違うやろー!!

-2009年1月

ぼくは小学生の時代を過ごした第二の故郷長野県小谷村に父と訪れておりました。

‘小谷村’と書いて、この村名をすんなり読める方はどのくらいいるのだろうか??

小さい谷の村、と書いて「おたり」と読みます。


ここは長野県小谷村-OTARI-

長野県最西北新潟県境のこの村は

北アルプスの山麓に位置しており豪雪地帯の村。

スキーリゾートの観光地であり、THE日本のど田舎な原風景を残す村なのです。


ぼくは関西出身で、2014年4月で28歳になる

世間的にいういわゆるアラサーで、人生を模索しながら生きている若輩者でございます。

そんなぼくはいま。

ここ小谷村の古民家でゲストハウスを営んでおるのです。

日本最ど田舎なゲストハウス!!と、いうのは過言かもしれませんが。

ゲストハウスという業体をど田舎で始める物好きは、このゲストハウス開業ブーム渦中であってもそうは多くはないのかと。

ぼく自身が持つノンフィクションな泥臭い物語。

お暇があれば少々お付き合いをいただればこれ幸いにございます。



小谷村古民家再生できるのか?!

〜ようこそ日本のど田舎、小谷村へ。〜


-2009年1月

たつみかずき
え?!ここ?!ここはさすがに違うやろー!!
ここやここ。間違いなくここや。
とりあえず中入ってみよや。
って、見てみぃ。
この柱。
めっちゃ立派やろ。

雪深い山里の淀んだ雲が覆う昼下がり。

ぼくは長年の腐れ縁を続けることを余儀なくされた我が父の興奮の前に唖然としておりました。

「父さん定年するからな。小谷に移住しようと思うねん。」

サラリーマン生活の半分を労働組合の最前線で企業と戦い、技術職から営業職へと定年間際に異動を強いられながらもサラリーマン生活を謳歌した父。

離れて暮らしていたこともあり疎遠であることが当たり前であった父親からのそんな電話があったのは、2008年の年末でした。


ばあちゃんゆずりの高い鼻と、頭髪の分布がどことなくにニコラスケージに似ている父は、生まれも育ちのこてこての大阪人です。

そんな父から人生で2度目の無茶振りが、この電話でさらっと告げられたのです。

父さん定年するからな。小谷に移住しようと思うねん。
たつみかずき
あ。そう。
よかったやん。
母さんと定年後の父親が亡霊みたいにテレビの前に張り付いてる姿想像したら、寒気するわ〜。
て、この前話したとこやわ。
なんやそれ。
でな。
家ももう紹介してもろてるねん。
たつみかずき
ふーん。
すごいやん。
そやしな。
お前も行くぞ。
小谷。
たつみかずき
。。。
え?!!



ぼくにとっては第二の故郷である小谷村。

小谷村とのご縁は、人生で1度目の父親からされた無茶振りから始まります。

小谷村には【山村留学】という、字のごとく田舎に留学する。

という制度がありました。(多くの市町村で実施している)

ぼくはこの山村留学で小学4年生から小学校卒業までを小谷村で過ごしました。

みんなの読んで良かった!