「楽しいこと以外やらない。」そうやって生きていくことだけ、決めました。

1 / 5 ページ

前編: 計画的ひきこもり。「先生。ちょっと夏の間だけ学校休みます。」ひきこもっていたら友達100人できました。
後編: 古民家ゲストハウスの創り方

たつみかずき。27歳。職業:自営。バツイチ子無し。

こんにちは。

長野県小谷村-OTARI-の古民家で宿を運営しているたつみです。

自分の過去を書きまとめる作業、2回目でございます。

誰もが持つ過去から紡がれる物語の断片を。

自己満足にもネットの世界へ解き放つ次第です。

お暇な方はどうぞお付き合いいただければこれ幸いにございます。


-2006年4月

20歳となった大学二回生の春。

ぼくはリア充にも程があるキャンパスライフを謳歌していた大学を中退しました。

‘大人’となったぼくには今後将来の見通しが全く立っていなかったのです。

クラブ4つ、サークル1つ、バイト3つ、バンド2つ、彼女あり。

学生でいながら慢性的にスケジュール帳は真っ黒でした。

手に職をつける訳でもなく、勤勉に励み自己課題研究に没頭する訳でもなく。

やたらと交友関係と社交性を広げ学生という身分を存分に生かし、いま過ぎていく‘いま’を謳歌するに止まない学生だった訳です。



古都京都。

風情と最先端の文化、情緒と喧噪が入り交じったミックスシティー。

夜のネオンとどこからか漏れる重低音。

夜の街、木屋町を南北に流れる高瀬川には満開の桜が花を落とし。

ピンクとそれ以外の原色の光を流しておりました。

大学生という肩書きを身に纏い。

恐いものも、失うものすら背負わずに堂々と人間社会の一員となってから2年目の春。

20歳という年齢になんらかの変化を感じ、ぼくはこれからの自分の生き方を説いたのです。

たつみかずき(20歳)
おい自分。
お前はいったいなにがしたいんだ?
どうやって生きていきたいんだ?
全てが中途半端なお前に、いったいこれからなにができる?
たつみかずき(20歳)
あ。。
そうですよね。。
えーっとですね。。
その件に関してはですね。
早急に検討しぃ返答させていただきますぅ。。


ぼくはどんな仕事をしたいのか?

街の電飾で赤く色付けられた木屋町の空を眺めながらぼくは自問自答を繰り返したのでした。

高瀬川は一定の速度を保ちピンクの小さな花びらを南へ南ヘと運び続けておりました。


いや、違う。そうじゃない。

いまの自分に問いかけることは、未来の仕事の選択ではなく

【どんな自分としてこれから生きていきたいのか??】

という。

これからなりたい自分、こんなことをして生きていたい!

人生という価値観の形と方向性はなんなのか?だったのです。


その頃のぼくはと言えば。

とにかく楽しいことに片足を突っ込んでは遊び倒し、結果を出すこともなく日々を消化しておった訳です。

おもちゃをたくさん広げて片付けられない子どものごとく。

みんなの読んで良かった!