思いつきでフィリピン・カンボジアを回りサッカーボールを寄付してきたら死にかけた。①

1 / 4 ページ

後編: 思いつきでフィリピン・カンボジアを回りサッカーボールを寄付してきたら死にかけた。②

2012年11月、僕は空気を抜いたサッカーボールをバックパックにパンパンに詰め空港でのんきに浮かれていた。

今から結構エグいことが起こることも知らずに。笑


そもそもなぜこんなことを思いついたのかというと、ある本がきっかけで自分もボランティア活動のようなことがしてみたいと思った。かっこいいなとも思った。生きてきて今まで人のためにとか、そういうことからは無縁だったので自分がどのように感じるのか試してみたかった。


本当にただそれだけが理由だ。


サッカーボールを選んだのも理由は単純。昔からサッカーしかしてこなかった自分にはこれを使って現地の子らと交流することが一番良いのでは思ったからだ。



ということで、はじめの国フィリピンに着いた。

まず予約してあるホステルまでタクシーで行こう。

と、そこにおっさんが一人寄ってきてどこのホテルか聞いてくる。空港から出て一歩目でそれだからさすがに驚いた。。。

言ってもわからなかったので、普通のエアポートタクシーを捕まえていこうとしたがなかなかしつこい。笑

わかってはいたがここまでとは。。

ちなみに僕にとってこれが初めてのバックパッカー、初めての東南アジアだった。なるほどねっと自分で納得してエアポートタクシーに乗り込み予約していたホステルに向かった。


タクシーのおっちゃんは陽気でよく話しかけてきてくれた。さっきのことを言うとよくあることで絶対そういうタクシーには乗るなと。で、絶対料金メーター回させろと言って、自分はやってますよとばかりにメーターを指差した。


予約したホステルについたが、降りてビックリしたまさに風俗街のような場所だった。笑

まさにこの写真のように。笑



事前にフィリピン人の友達に場所のことを聞いていて、そんなに危なくない場所だよーって聞いてたが思いっきり風俗街の真ん中だった。笑


タクシーが去るとこんな感じの会話が始まる。


風俗嬢
ヘイ!ヘイ!オッパー!(韓国語でお兄ちゃん)
自分
俺韓国人じゃないよ。日本人だよ。
風俗嬢
一緒に遊ぼうよ〜。(片言の日本語)
自分
・・・・・
風俗嬢
○○ペソ!○○ペソ!
自分
俺そんなこと興味ないから他行ったら?じゃ!

上の会話がこれから毎日、ホステルから出るたびに繰り返される。笑

本当に毎日。

何度言っても韓国人と間違えられる。笑


そのホステルにはヨーロッパや北米の人が多くいた。アジア人は自分だけだったが居心地は意外に良かった。


次の日の朝から僕のミッションが始まった。

まずは、サッカーボールを受け取ってくれそうな場所を考えてピックアップする。他の国にはアポイントをとっていた学校などがあったが、フィリピンに関しては全く準備をしていなかった。

学校・孤児院・NPO団体を探すことから始めた。ネットで調べたり、ホステルのスタッフに聞いたり。もちろん初めての土地なので観光も忘れずにした。

それと、カナダに留学していた時の先生とも会う約束をしていた。偶然同じタイミングで、フィリピンのマニラにいるという奇跡で僕はすごく興奮していたし、数年ぶりの再会なので楽しみだった。


そんな僕のやる気で満ちあふれた気持ちと、ワクワクしている気持ちに穴を開けるようなことが起こるとは想像もつかなかった。


みんなの読んで良かった!