SNSもブログもまだない2002年に、PHSでメルマガを配信しながらマニュアル車で海岸線を日本一周した話

1 / 6 ページ

後編: 社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話(1)

あえてプー太郎になり、便利な日常と縁を切ることで新しい何かを見つける旅へ

2002年のある、29歳の誕生日に・・・


わたし
(来年はもう30代か、、、)
わたし
(・・・そうだ!日本一周しよう!)

誰でもやろうと思ったらやれるのに、意外と誰もやってないこと。そんなトライをしたくなった。

そういえば、日本人として日本に生まれたのに、まだ知らない日本の土地がたくさんあるな。。世界も見てみたいけど、まずは日本だな!」と思いたち、早速上司へ報告。

わたし
あのう、日本一周してくるので会社辞めます
上司
#★*+!○※?

「日本一周して帰ってきたら仕事が見つかるのか?」なんて心配はまったくせずに、早速準備開始。

今思えば色々と向こう見ずな人間だった・・・。


#なぜ世界一周ではなく日本一周なのか。それはクルマが大好きだったので、まずは走って回れる日本をターゲットに。ちなみにクルマはホンダのCIVICタイプRというスポーツカーマニュアル車(!)

レカロシートで車中泊・・・。


どういう風に日本一周するか、自分ひとりで考えた

今回の一番のテーマは「自分ひとりで企画したことをひとりでやりきること」だ。よく、誰かといったのか、と聞かれるが完全自由が必要だったので、1人単独でのトライである。


まずは簡単にルールを作成。


ルール1:海岸線の道路(下道)を利用して、東京から反時計回りに一周する。ただし、北海道に渡る際はフェリーを利用する

図解すると、こう。


フェリーで、本州⇔北海道は移動。


ルール2:宿泊施設は利用せず、基本、車内泊とする

実際の様子はこんな感じ


ルール3:見積もった距離が10000kmで最大2ヶ月だったため、それまでに東京に戻れなかった場合は、リタイヤとする。また、身内の不幸などの場合にも、中止する

結果からいうと、2002/09/08~2002/10/23の計46日間で14427km走破し、途中リタイヤすることもなく、完走できた。一番かかった経費はとにかく「ガス代」。

それでも当時はハイオクでも100円/Lくらいだったのでいい時代だったなあ。

みんなの読んで良かった!