もう粉々に、音もなく堕ちていったバカ 8

2 / 2 ページ


大智『あーそうだよね。トロピカルシナジーとかジーニーとか好きだったのになー』

店員『でも第二世代のハーブもいいのありますよー。サムライキングとかホットスタッフとか人気ですけどねー』

大智『ふーん。優希どうする?俺サムライキング買うからホットスタッフ買ってみるか?』

優希『おん。いいよわかった。』

店員『ありがとうございます。1パック5000円ですので1万円お願いします。』

1パックというのは3gのことで、
ハーブが入ってある袋のことだ。
どの銘柄のハーブも大体3g入りに
なっている。

一人ずつ5000円を出し購入した。

大智の車に戻り、2人して早速
ハーブをパイプにつめた。

2人して着火。深夜の街に車の窓から
濃い煙を外に吐き出す。

10秒ほどお互いに沈黙が続いた。

大智『いいじゃん第二世代も!』

優希『うん全然いいじゃん!』

大智は車のオーディオのボリュームをあげてノリノリで車を走らせた。

この前仕事の接待でさあ、事務の女の子つれて行った帰りに女の子が飲み直そうとか言ってきてさあ

などとよくある若者の話を大智がしていると大智に着信が入った。

はーい。お疲れー。
うん。うん。
...........
え?マジで?アホすぎるだろ。

大智は爆笑していた。

うん。ありがとー。またな。

優希『ん、なんかあったの?』

大智『祐介警察に捕まったってさ』

優希『え?なんで?』

大智『あいつ結婚して子供できてたじゃん?なのにハーブに依存しすぎて、仕事もしなくてさ。』

優希『仕事してなかったのかよ。子供までできたのに』

大智『んでね?嫁さんも何回もハーブ辞めさせようとしたけど辞めなくてね。ハーブのせいかなんか知らんけど仕事もすぐ辞めるし、離婚したんだよね』

優希『は、はあ..』

大智『あいつ嫁の実家の近くに住んでたんだよ。嫁のお父さんの離れみたいなとこでね。そりゃあもう追い出されるよね』

優希『あいつ帰る場所あんの?小さい頃両親離婚して母親についたけど母親は再婚して、けど祐介はその再婚した父親とは反りが合わないらしいじゃん』

大智『そうなんだよ。だからあいつさ、色んなもの万引きして売りさばいてたみたいなのね。その金で漫画喫茶泊まったりハーブ買ってたんだよ。』

優希『カスかよ』

大智『逮捕された直接的な原因は、ハーブ吸っておかしい状態で、服屋でブランドものの服とか?万引きして走って逃げたらしいのね。』

優希『ほう』

大智『そしたら若い男の店員が走って追いかけてきて祐介を捕まえたのよ。そしたら祐介がその店員を殴った。事後強盗ってやつか』

優希『マジかよ....窃盗に傷害か。でもあいつ捕まってよかったのかもな。あれだけハーブに溺れて人生堕ちたんだから。』

大智『同感だな』

優希『嫁さんも子供も可哀想だよほんと』

大智『まあまあいいじゃないかそんな腐ったやつの話は!もう着くぞー』

優希『お、ありがと。どうする?家上がってく?』

大智『おん1時間ほどお邪魔するわ』

2人は家に入りリビングに座った。

優希『やっぱりハーブっ社会問題になりつつあるのな』

大智『まあ規制されたしな。でもハーブはなかなかなくならないよ』

優希『そなの?』

大智『ハーブってのは合成カンナビノイドっていうのが葉に染み込ませて乾燥させてあるんだよ。』

大智はパイプにハーブを詰めながら話を進める。

大智『でも厄介なのが、化学式を少しいじるだけで何千もの合成カンナビノイドができる。要は、規制されては新しい合成カンナビノイドを作り、規制されては作りの繰り返しのイタチごっこになる』

優希『あーなるほど。悪いもの作りますよねー人間は』

ちょうどハーブを肺に入れた大智は吹き出した。

大智『お前そう言いながら笑ってるじゃん』

優希『なんだったっけ。JWホフマン博士だっけ?合成カンナビノイド作ったの』

大智『JWホフマンって!名前からしてもう危ない人じゃん』

何故か2人は爆笑している。
ただこのどうでもいいことで
笑うことは凄く好きな時間だった。

そう。吸えば忘れている。

ハーブに溺れて、嫁子供に見放されて堕ちた男のこと。
自分自身もハーブに依存しており、
ハーブが好きで、ハーブに
悩んでいること。

自分自身と向き合うということを忘れさせているということに気付かなかった。

頭の中はハーブを吸いたい。
それだけだ。
吸っている時間はもちろん、
ハーブから覚めたあとも頭が回らず
そうこうしているうちに
またハーブを求める。

自分自身が堕ちていくレールにもう乗って徐々にスピードをあげていくことに、まだまだ気付けないでいた。 

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のOkagawa Koheiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。