6 min read

若年性脳梗塞になってみた その1 ~疲れと発症と時々たけのこ~

Picture?width=400&height=400
著者:
Kuribara Kao
1 / 3ページ

 10年ほどのおひとり様が不思議なご縁で結婚することになりました。

 まあこの辺は私の他のSTORYSを読んでいただいて・・・(わかりやすいステマw)


 色々と自分の親族がハッチャケた結婚式が無事・・・?まああえて言うなら無事終わり(――〆)新婚生活に入りました。


                              

 当時は週二回ですが通勤2時間をかけ、以前からお世話になっていたパートへ通っていました(特殊な仕事なので代わりの人が見つかるまで繁忙時の二日だけ手伝いに行っていた)

 朝は6時で帰りは8時くらいだったでしょうか?週二回だしそんなに疲れるはずがない状態だったのですが、なぜかいつも疲れていました。

 パートに言った翌日は一日寝ている状態で、やっと洗濯と食事ができる程度。週に何回かはずっと寝ている日が続きました。

 外出してもすぐ疲れてしまい楽しめない状態でした。そんな状態が1年近く続いていました。


 夫婦二人の生活でしたから無理にパートに行かなくてもいいのですが、元々仕事が大好き(というか仕事に自分の居場所を見出すタイプだった)だったのでそんな疲れる自分にイラついていました。


 何度か内科にかかるも原因は分かりません。

夫もよく寝込む妻におかしいな?と思ってはいたようですがあまりいうとストレスになるから気遣ってくれていました。


しかし動けないことの自分へのイラつきは最高潮に達し、変な答えにたどり着きました。

「具合が悪いのは仕事をしていないせいだ!自分の甘えだ!

パートも代わりの人が入ってきそうだし、今のパートを辞めたら近場で週5で仕事を入れよう!!そうすれば前みたいに働けるはず!!」


 このことを夫にいうとかなり渋い顔をしました。

「別にお金に困ってるわけではないし、君が具合悪いって言ってるときは本当に顔色も悪いよ。無理に働かなくていいんじゃないかな?」

「だってこんなに動けないのはきっと夫くんに甘えてるせいだよ。人間甘えてちゃだめだと思う。働けば緊張感できっと元気になるはず!

 幸いもうパート終わるし、近くでちょっとやりたいバイトも見つけてきたからそこに応募してみるよ!」

と息巻く私。

「・・・甘えとか怠けではない気がするんだけどな・・・家事だって全部君がやっている訳だし。

でも君がしたいなら応援するけど・・・心配だな。」

 夫は了承したもののやはり渋い顔のままでした。

「とりあえずパート終わったらもっと仕事するからね!!」


 そんなことを話していたのが発症前夜。

 出会って2年目、結婚1年目の夏のことでした。



 翌日はかなり暑い日でした。

  夫の弁当作りなどの家事を終え、横になって本を読んでいたらウトウトと眠くなってきました。

 

 目を覚ますと世界が異常な回転をしていました。

 もともとめまい持ちなので回転性のめまいは慣れっこですがそのめまいは異常でした。

 いつもならそのめまいで気持ち悪くならないのに吐き気までしてくるのです。時間も長く、目をつむっても気持ちが悪いのが止まりません。


                              


続きはこちら

若年性脳梗塞になってみた その2 ~ 苦痛に強すぎるのも問題でござる ~