若年性脳梗塞になってみた その2 ~ 苦痛に強すぎるのも問題でござる ~

1 / 3 ページ

前編: 若年性脳梗塞になってみた その1 ~疲れと発症と時々たけのこ~
後編: 若年性脳梗塞になってみた その3 ~ 病院愛憎劇場序幕 電話は知っていた ~

 ヤブ医者の病院からひーひー言いながらなんとか帰り着くともうくたくたでした。

 しかしさっきより右手は動くしなんとか帰り着けたし・・・

 やっぱりヒステリーなのかな・・・?とそんなことばかり考えていました。


 人間とは不思議なもので最悪と最善があれば最善のパターンを考えてしまうものです。特に病気に関しては。

 私も最悪は「脳梗塞」、最善は「ヒステリー」という考えで、この最善の方を優先してしまったのです。

 でもロシアの諺に「最善を望み最悪に備えよ」という言葉がありますがもうちょっと自分の体の不調を大事にすればよかったと今なら思います。


 後から知ったことですがこの時もしもすぐ病院に行ってたらもっと脳梗塞の後遺症は軽く済んだ可能性が高かったらしいです。発症後3時間以内ならt-PAという血栓融解薬の治療ができたらしい。しかしもうこの時間で3時間過ぎていますから今更な話ではありますが。

 また時間経過とともに回復もしていたので(字が書けない→なんとか書けるようになったなど)自分の体でかなり血栓は溶かしたのではないかとは思います。


             

 さて、普通に読んでいる皆さんからすると「なんでそんなに我慢したの?」とおもわれるかもしれません。

 自分は小さい頃から非常に体が弱い人間でした。しかし異常に苦痛に強い人間でもありました。

小学校では毎週のように喘息の発作が起こり、吸入しても発作は止まらず苦しみました。

  しかし親には「自己管理が悪い!」と怒られ脱水症状がでるまで病院には連れて行ってもらえませんでした。

  肺炎も何度も起こし小学校3~4年時代には喘息と肺炎で年3回は入院していました。

「お願い病院連れてってください・・・」と苦しい呼吸の中で親に頼んでも「お前は甘えすぎだ!もうすぐ4時になる。それまで我慢しろ!お前は我慢が足りない!」と言われたこともありました。

(喘息の発作は夜の12時から3時によく起き、それを過ぎると止まることもよくあるのです。脱水症状か4時過ぎても発作が止まらない場合だけ病院に連れて行ってくれました)


 私には姉がいるのですが姉も喘息はありましたがそこまで重症ではなかったため「お姉ちゃんはまともなのになんでお前はまともじゃないんだ!そんなに親を苦しめたいのか!!親の仕事の邪魔をしたいのか!!」と言われたこともありました。

 今思えば虐待では?と思います。殴られる、蹴られるなどもありましたし。でも当人たちはずっと「教育」と言い続けていました。

   そういったことがずっと当たり前の環境では「教育」という言葉に惑わされ、助けを求めることもできずただただ苦痛を耐えることしかできなかったのです。

  そのせいか異常に苦痛に強い体質(笑)になってしまったようでした。


  中学校の時に急性虫垂炎になったのですが「自分的には痛いことは痛いんだけど我慢できないほどじゃないないな~。でもなんで脂汗かいてんだろ?でもお腹痛いってことで学校休めてラッキー!!」と思っていました(笑)

  病院行ったら「よくこんなになるまで我慢したね!!かわいそうに!痛かっただろ?」と医者に言われてびっくりしたこともありましたね・・・


   今回もその異常に苦痛に強い体質が裏目にでてしまったのでした。


  まあ話を戻しましょう。

  いくら具合が悪くても主婦ですから心配するのは「夫の食事」のことです。

  まだこの時点では夫に具合が悪いことは言ってません。しかしどうにもこうにも晩御飯は作れそうにありません。

  仕方がないので夫に電話をしました。

「あのさー、今日昼間変なめまいしてからさ、具合が悪いんだ。申し訳ないんだけど晩御飯買ってきてくれる?」

「え?大丈夫??」

「とりあえず近くの医院に行ったら明日大きい病院に行くよう言われた。今は落ち着いてるから平気。仕事終わってからでいいから晩御飯買ってきてくれるとありがたいんだけど。あとポカリも大きいの買ってきてくれる?」

「分かった。なるべく早く帰る。」

 そう電話をし、晩御飯は一安心。当時住んでいた家は夫の会社から一時間弱くらい離れていましたから帰ってきたのはそれから二時間くらい経った頃でした。当時は仕事が忙しくそれでもいつもよりは早めに帰ってきてくれました。

  夫は翌日に出張があったのでその準備をしていたようです。


「大丈夫?晩御飯買ってきたよー」と夫が心配そうな顔・・・

 礼をいい、晩御飯を食べながら今までの経緯を話します。

みんなの読んで良かった!