ブス、デブと言われ続けていたわたしの10年後

後編: ブス、デブと言われ続けていたわたしの10年後 ②

今のわたし

まず前提として、他人評も含めた自己紹介(おもに見た目について)から。

つけたタイトルから、相当のドブスを期待されているかとも思いますが、見た目は至って普通。
もちろんお世辞込みなのは承知した上で、中の上から上の下くらいには言ってもらえる。

大学以降に仲良くなった友人たちは、わたしの暗黒期を知る由もなく、何かの折に話してみてももはやネタとしか捉えてもらえない。
最近でこそ、絶対にスベらない話ネタみたいになっているけど、ここまで笑いに刷りかえられるようになるにはそれなりの時間がかかった。(気持ち的にではなく、変化として。笑)

超主観的な美醜持論

時間はかかるけど(経年変化)、ブス、デブ、と言われてた同一人物が、美人だね、と言われるようになるのってそんなに難しいことじゃないんだよな、と実感するのは確か。ハタチになるくらいまで顔なんてどうなるか分からない。

今、中高生でブスだなんだっていじめられている子がいたら、とりあえずハタチになるまで待ってみなよって言いたい。多感な時期に容姿のことでからかわれるのってすごく堪えるけど、長い人生の中での数年と考えたら大したことないから、本当に。

今がツライのが問題って、そりゃ毎日毎日ブスブス言われたらキツイのは分かるけど、自分でもブスだと思う?鏡みて、本っ当に自分がクラスで一番ブスだと思うのか。

目はあの子より大きいし、とか、まつげはわたしのほうが長い、とか、クラスの中でも一番ニキビ少ないし、とか、なんかしら誰でもひとつくらいあると思うの。なんなら、全然関係ないとこで勉強一番とかでもいいと思う。

優劣をつけること自体に意味はないけど、そもそもいじめられている時点で劣と勝手に言われてるんだから、そうやって自分の中で優勢をつけるくらいいいと思うけど。

ハタチになってもデブでブスだったらどうすればいいかって?

ハタチだったら多少なり自分でお金稼げるんだから、ジム行ってダイエットするなり、効果的なコスメ買ってメイク方法習得するなり、努力し始めないとダメだけど。

努力もしないで、自分はブスだから、デブだから、ってそのまま醜い姿で居続ける女はキライ(これは同族嫌悪かも)。

男の人がチビだハゲだって言われることより、自助努力次第でよっぽどどうにでもできるんだからとりあえずやってみろと言いたい。

ブスデブと少なく見積もっても9年間は言われていたくせに、客室乗務員になりたいって昔目指してたことを公言しても笑われなくなったわたしが言うんだから、ある程度説得力あるんじゃないかと思うけど。どうかしら。

続きのストーリーはこちら!

ブス、デブと言われ続けていたわたしの10年後 ②

みんなの読んで良かった!