ある女戦士の物語

1 / 2 ページ

その、女戦士に出会ったのは、オーストラリアの語学学校だった。

 彼女は、出会った頃には、30を過ぎていた。

彼女の半生を聞いてみると、

 進学>就職と順調な人生を歩んでいたが、年齢とともに、仕事のキャリアを積んで行くと、それと反比例し、異性との出会いがなくなっていったらしい。

新しく友達もできない日々、普通に暮らしていると出会いはなくなっていくそうだ。

 

 彼女の日常を例にあげると、

起床>出勤>帰宅>TSUTAYA>韓流ビデオを借りる。休日も、だいたい韓流ビデオ。

四六時中、韓流を見てると、韓国人男性と出会ってみたい!

遊んでみたい! デートするならこういうデートかな?と妄想の日々。

 そんなおり、一大決心をした。そうだ!オーストラリアへ行こう!

補足すると、オーストラリアには韓国人がメチャ多い。石を投げると、韓国人にあたるほどだ。

 

 英語圏での生活にも興味あるし、韓国人とも仲良くなれる。

彼女のプランは、オーストラリア>韓国人と仲良くなる>韓国に行く。

最終目標は韓国で、そのための渡豪。

 いろんな人が、いろんな目的でオーストラリアに渡るが、中継地点としてオースに行く人は珍しい。

 女戦士は頭もキレる。

 彼女は基本的に、恋愛的出会いを求めている。

その気持ちは痛いほどにわかる、つまり、俺とは同志だ。

ただ、悲しい事に、恋愛攻撃力がメチャ低い、そこも同志。

 韓国男子と、出会ってもうまくいかない。

韓国男子は、日本人女子が、大好きだからやさしい。ので、仲良くなりはするも、なかなか、その先に進めない。

 そのくせ、「好き」的なアピールはハンパない。気をもたされては、他に女がいる事もしばしば。


 電話が好きなのも特徴的だ。

毎晩のように電話をかけてくる、そうすればこっちも悪い気はしない。

だが、ある日突然連絡がなくなる、こちらから連絡しても、でない。

ほぼ、確実に他に女ができたと思われる。


 例えば、語学学校で出会い、街で手をつないでデートをする。

これはかなりだ、恋愛フラグが三本バリバリである。今後の展開を、想像するだけで胸が踊る。


 彼女も戦士といえども、大和撫子。すぐに、身体を許すわけではない。

経緯と共に行為を楽しみたいのだ。なので、デートを重ねていきたいのだが、急に素っ気なくなる。


 韓国人の男は、やさしいが通説とされているが、かなりのヤリヤリ。

損得勘定が行動原理、やさしさはやらしさの、対価でもある。

あるコリアン男子の名言「一緒に勉強して、食事して、ベットを共ににする」

展開も早いが、見極めも早い。以下、余談。


 彼女の攻撃力は低いが、回復力はハンパじゃなく高い、軽い不死身だ。

ふられても、次の恋にすぐ行く。戦場を渡り歩く、恋愛傭兵。

 いつしか、彼女は尊敬の念をこめて「恋の女戦士」と呼ばれるようになった。


 オーストラリア戦線では、全戦全敗、帰国の途へ。

ただ、一つの淡い希望を胸に帰国した。


 それは、コリアンの男友達だ。

彼とは、仲良く過ごすなかで、恋の予感を感じるほどの関係までに。

ただ、時間がない。海外生活には滞在期間という縛りがある。

 二人に足りないのは、もう少しの時間だけ。。。


 帰国した彼女は、恋の戦場から、仕事の戦場へと舞い戻った。

次の戦場、韓国を目指す為に。

 半年間、一日も休まず、二つの仕事をこなしお金を貯める。

仕事は決して楽ではなかった、しかし、韓国に行けば彼に会える。

とはいえ、やはり、休みがなしはつらい、何度も心が折れそうになった。


 しかし、彼女にはアイテム「恋の種」があった。

FaceBookや、E-mailそしてSkype。 

アイテムを使いつつ、半年間の仕事の戦場を駆け抜け、

資金も溜まり、いよいよ、恋の戦場、韓国へ渡ろうとしたところ・・・




       「あいつ結婚したらしいよ」



 別の、韓国友人ルートからの知らせだ。

女戦士にかかっていた魔法(呪い?)が解けてしまった。


 さすがに落ち込む、戦士といえども、女の子なのだ。

職場に行けば、「そろそろ仕事終わりだね、寂しくなるよ」や「いつ韓国いくの?」と

同僚、上司に言われる、やさしさからの言葉だが、彼女にとっては、もはや刃。

 しかし、

 女戦士は、抜群の回復力をもつ、軽い不死身なのだ。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のSim Tomoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。