世界一過酷なサハラ砂漠240kmマラソンで、5km走って息切れするモヤシ男を完走に導いた、心が震えるたった一言の応援メッセージ

1 / 12 ページ

僕はサハラ砂漠をひとりで歩いていました。


4月10日深夜2時、僕はサハラ砂漠の深い闇の中にいました。

今日はレース4日目。

スタートから17時間も歩き続けています。


でも、不思議と痛みや疲れはなく、とても穏やかな気持ちで、心は笑っていました。


辺りは光のない闇の中。

でも、僕のまわりだけ、スポットライトが当たっているように明るく感じました。


極度の疲労で幻覚を見ているのかもしれません。


僕は、この不思議な体験を通じて、かけがえのないものを手に入れることができました。


* * * * *     


とんでもない場所に来てしまった・・・。



4日6日、サハラマラソン、レース初日。

それが、目の前に広がる大砂丘を目にした時の僕の第一印象でした。


サハラマラソンは、最高気温50℃のサハラ砂漠を、水・食料・寝袋など約13kgの荷物を背負って、7日間で240kmを走るマラソンレース。


こんなヘンタイ的なレースに出る人の気が知れない。


レースに出る1年前、僕はそう思っていました。


僕がレースに出るきっかけになったのは、サハラマラソンに出たことのある友だち数人と旅行に行った時に放たれた一言です。


「Kさん(←僕のことです)は、サハラマラソンに出ることになってるから。」


こうして半強制的に、流されるままに出場することになってしまいました。


ちなみに僕は、


・身長167cm、体重48kg。ガリガリ体型の31歳。

・5km走ると息切れしてしまうほど体力がない。


という、こんな過酷なレースに出るようなタイプとは言えない軟弱な男です。

にもかかわらず、僕は、ろくにトレーニングもせずレース当日を迎えてしまいました。

みんなの読んで良かった!