私のアメリカ移住 (4)

1 / 6 ページ

離婚後、3歳の息子の手を引き渡米。私の条件下で出来たアメリカ移住。その経緯を語る、連載実話。


町役場からの連絡

実は、私の父親が亡くなる前に、一つだけ私に残せた物が有った。

いきさつは、前にも書いたが、

父の名義の物は、全て、一つ残らず、前妻の息子2人の名義にすり替えられてしまった。

が、父は、私が大人に成った時に、役に立つ様にと、一つの"山 "
を買ってくれたらしい。
そこに、私が生まれた年に、杉の木を植えた。

これが育てば、私が大人に成った時に、その木を伐採して、家を建てる木材に成る、もしくは、木材を売ってもお金になると…

メチャメチャ山奥に位置する、行ったことも無い山。

この山だけは、父の名義では無く、私名義だったので、父の実印でも、操作出来ず、前妻の息子達に乗っ取られる事が出来なかったようだ…

町役場からの連絡は、
その、山に、町の林道の一部が通るらしく、通ると言うより、
カスル、
と言う感じ。

数メートルの私の山を削る事に成るので、それに同意すると、現金が出るとのこと。

金額は、数メートルで
130万円!

速攻、オーケーを出して、書類を送ってもらった!

130万円!
母子家庭には、凄い大きなお金!

その一部のお金を利用して、
なんと、友達とのアメリカ旅行を計画!
息子は、私の母親に預け、
友達3人・私と計4人での
ロスアンゼルスへの旅が実現した!

が、旅の前に、不思議な事が起こる。

みんなの読んで良かった!