【第2話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。

前編: 【第1話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。
後編: 【第3話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。

世間をなめたアフロな新人が入ってくる。

そんな噂が広まったのは、堀山が就職する半年ほど前の2005年のお話。


就職内定の通知をもらい、有頂天になった大学生の堀山は一つのあるミスを犯した。

世間知らずの彼は、すぐにブログに喜びの声を書きこんだ。

ご丁寧に就職先の病院名を入れて。

そのブログがその後大問題になるとは知らずに。。


当時のことなのでうろ覚えにはなってしまうが、だいたいこんなことを書いた。


○○病院に内定頂きました!

(中略)

ただの病院の理学療法士に終わらねーぜ!


・・・・今思うと当たり前なのだが、病院で働く理学療法士を完全に挑発している。

そしてその挑発は、瞬く間に将来の職場の先輩に見つかることとなるのだ。

さらに運が悪かったことに、当時のブログのトップ画像が、青のアディダスのジャージにアフロ姿の堀山だったのだ。


その結果、リハビリ課のお偉い様が集まる会議の議題にこのブログがあがり、誰がこの男を注意するべきか、というあまりにも不毛な論議を生んでしまった。


こうして堀山は、就職前から会議にかけられ、とんでもない新人が入ってくると囁かれ、明らかにマイナスからのスタートを迎えることになるのだった。


ちなみに就職後の新人歓迎会の宴の場で、当時のトップからお叱りを受け、まったく酔うことができなくなってしまったことは、今はいい思い出である。



お気づきの方もいるかとは思うが、このSTORY、なかなかブランド設立までいかないようである。ブランド設立の結果がすぐにでも見たいせっかちなあなたには、公式サイトを覗いて頂くことをお勧めする。(http://cocohale2012.wix.com/tsutau

続きのストーリーはこちら!

【第3話】一人の理学療法士が85歳のおばぁちゃんと蝶ネクタイブランドを設立するお話。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。