大学院卒業間際のニートがカリブ海で絶望に打ちひしがれながらも、得たかけがえのない話。

1 / 3 ページ

前編: 大学院卒業間際のニートがカリブ海で絶望に打ちひしがれた話

なんといってもここは楽園。目もくらむほどの摩天楼、目を回すほどの人ごみ。そんなものが同じ世界に存在していることを忘却してしまうほどの世界だった。

この世界に永遠に居続けることができたら、どれだけ素晴らしいだろう。


真上に上がる白色の太陽が、深く肩を落とす俺をジリジリと照らしつけている。

どこを見ても日本とは違って、どこ見ても日本の気配がしないこの国で、完全な孤独をあじわっているのだ。


俺は一体何をしにケイマンに来たのだ、と心の声は問う。

7人のケイマン人を探す旅に出ておるのだ。


日本から出立する成田空港で俺は胸を張ってい得ただろう。

もう一度問う。俺は一体何しにここに来たのだ?

たったひとりのケイマン人だけでも会いたい。

幼い子供たちが嬉しそうにバーのプールで遊んでいる。バーの中では誰も彼もがニコニコと笑っていた。


たった一人を除いては。

メニューが読めない。おしゃべりがわからない。目的達成への方法がわからない。

ナイナイづくしでやってきたケイマン。英語が喋れない、聞けないというだけで娯楽の楽園からははじかれてしまっている。

ケイマンでは、英語をしゃべる人間がサービスを受けることができる。と俺は思ってしまったのだ。

これがハワイだと話が変わる。オアフ島だと金を落とす人種は必然的に日本人であるから、サービスを受ける人間が日本語をしゃべるとなると、日本語でも通じる。

ケイマンの場合は、それが英語なのだ。

恥ずかしながら、英語ができない。それだけで多くの情報が根絶してしまう。

そんなものは火を見るよりも明らかだ。

英語が喋れないだけで、ケイマンにおけるサービスを受けることができない。

あまりの解読不可能な情報が多く流れ、それから避けるように行動していた俺は、晩に悔しい思いをしながら就寝した。そしてその時考えた。


ときに、目的を捨てることも必要なのではないだろうか?


ほかの人からはよく真面目だと言われる。

自分自身そう思っちゃいない。

トライもしないで目的を諦めるのか?

努力が足りないんじゃないのか?

多分どちらにも当てはまると思うし、実際そうだと思う。

しかし、それと同時に、この目的は自分一人のものでもある。会おうが会わまいが、誰も困らないし、雇われているわけでもない。

ではまず滅多に来れないカリブに来て生真面目にベットの上でうんうんうなっている自分がバカらしく思えてきた。


これだけ素晴らしい景色が広がっているのに自分の中に閉じこもっていてはもったいない!

翌日からは、一度目的を忘れ、ケイマン諸島を楽しむことにした。

クズの誕生である。



みんなの読んで良かった!