「あなたが、お金と時間をかけてきたもの?」 という問いに答えてみる

次話: 「あなたが、お金と時間をかけてきたもの?」 という問いに答えてみる」その2…ガンプラ編



「あなたが、これまでお金と時間をかけてきたものは何ですか?」

…この質問は、ビジネス コンテンツビジネスをする場合に

自分の中にあるはずの「誰かの役に立てる価値」を

見つけるために必要な問いかけだそうだ。

 ビジネス等、初めての事は「情熱をかけたもの」しか

続かない事もあり、自分の価値を、過去の自分に

どんな情熱や経験(生き様)があったのかを振り返る

…という狙いもある。

私の使ったお金と時間の歴史。

◇小学生三年生 謎の教育マシーン

 ある晩に、教材のセールスマンが、当時、借家住まいで

リビングと寝室が一緒の畳敷きの部屋にやってきた。

学習機器を紹介に来たのだという。

それは、磁気シートを端末に載せると、

問題が音声で読まれ、問題を解き、

選択肢から選択すると、正解かが分かるという

機械だったと思う。

 結果的に、とても興味を持ち、親に頭を下げた

「どうか買ってください」と。

自分で土下座し、横でセールスマンが微笑んでいた

記憶がある。

 そして、何故か買って貰えた。(それ以前にお願いした

カメラは却下されたのに)

 それから朝早く起きて、皆が寝静まっている中、

(当時は、親子川の字で居間の一室でみんなで寝ていた)

「教育マシーン」のガーガー読み取りの音を立てながら

問題を消化するかのように、取り組んだ覚えがある。

なんとなくだが、「やりたい」気持ちと、「やらないと

勿体無い気持ち、叱られる」が、混在していた。

楽しみ、したいという気持ちと恐怖の他人軸の気持ちが

混在していたという感じである。

 新しいものへの憧れ、好奇心、自分の能力向上…

…今となってはよく思い出せない。

けっこう(笑)続けたが、最後は、「捨てた」

ような気がする。

 …次回に続く…。

 

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

「あなたが、お金と時間をかけてきたもの?」 という問いに答えてみる」その2…ガンプラ編

著者のもんま けんいちろうさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。