16 min read

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

Picture?width=400&height=400
著者:
Suzuki Takuya
1 / 6ページ

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。

神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。「マジで言ってんのこのクソ警察!?」そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。「ぼくのやったこと」と書けと指示され書類を提出。両親が迎えにきてその日は終わった。


なぜ愚れたのか?

小学生の時までは真面目な子供だったがあまり友達ができなかった。家に帰っても両親の仲が微妙で家にも外にも自分の居場所がなかった。


母は「良い高校行っていい大学に行っていい就職してね!」と言うタイプの人。父は売れない外資系生命保険の営業マン。

売上がない月は会社から借りて生活していたそうで自分が電気をつけっぱなしにして外出すると母にものすごく怒られた。赤い数字で埋め尽くされている父親の通帳を見せつけられ借金とは何か知った。


中学に入るとやんちゃな行動をするヤツに一目置くという不思議な価値観が現れ不良な行為をすることで友達ができた。子供の頃の寂しさを中学で知り合う友達で補いそこが自分の居場所になっていった。


どんなレベルの不良だったのか?

ワルだったと言っても中途半端な中坊で最も目立つヤンキーの横でイキがる程度のガキだった。


川崎市の公立中学に進学したのだが、各学年に不良グループいて周辺地域ではちょっとしたワル名門校だった。彼らの共通点は「家庭に問題がある」ことと「武勇伝を持つことに美徳を感じる」ことだった。


その為、学校内で目立つために見えるところでわざとタバコをすったり髪を染めたり校則を違反する。そういう事をするルールを破る度胸があるヤツ達が集まり社会から阻害されるがその代わり内輪の絆が深まり友達ができる。


一度グループか確立すると排他的になり隣の中学を潰しに行ったり強い中学と連合を組んで横浜の中学を潰しにケンカ遠征に行ったりしていた。

勉強はまったくせずに朝まで遊んで昼過ぎに学校で友達と待ち合わせして遊びに行くような生活をしていたら中学を卒業するときにはこんな感じに仕上がっていた。



高校を卒業する

中学で既に愚れていたので勉強にはまったく興味なかった。その為川崎市で偏差値30レベルの日本国内最下層の高校へ進学した。


毎年川崎市の色んな中学から不良学生が入学してくるので至る所にタバコの吸殻が落ちていた。異常な勢いでゲラゲラ笑ってる2年や3年の先輩はマリファナでHighになっていた。


女子は魂が抜けたような顔で登校し、一日中廊下でくっちゃべりながら化粧をしアイロンで髪をクルクルにして完璧な状態で下校しどこかへ遊びに行く。


幸い自分の中学出身のド不良の先輩がその高校をシメていたので他の不良の先輩といい距離感を保ってある程度平和に高校生活を過ごすことができた。


そんな環境でも自分が高校を中退せず卒業できたのはたまたま地元の友人達が「高校くらいは卒業したいよね〜」と話していたのでなんとなく卒業だけはしておこうと思い卒業した。


とび職になる

高校卒業間際に担任に「お前進路どうするんだ?」と聞かれた。未定だと答えると「はやく決めろ」と言われたのでとび職をやっている先輩にその場で電話し「そろそろ高校卒業するんで仕事ありますか?」と聞いたら「明日から来い」と言われその場で就職が決まった。


将来の事なんてなんにも考えてなかった。ただ僕の周りには職人が多く王道な選択肢だった。とび職の中でも歩合制でキツい代わりに儲かる会社に入ったので月35万〜40万程度稼いだ


19歳のくそガキには十分な額の給料でほしい物を買い、やりたいことをし、ある程度の目先の欲求はすぐに満たされた。それによって仕事自体の面白さを追求するようになってくる。



知らない世界を知り人生をやり直すことを決める