アルバム世界配信。その辺りの手続きを昨日今日してみて、今。(詳細大長編)

1 / 3 ページ




昨日、プレスリリースを書いてみました。


生まれて初めて。


海外の日本音楽ウェブマガジン向けに。


『プレスリリース書いてないの?書いたら送ってよー』って、そういうのやってる友達に言われて初めて知りました。そんなん自分で書いていいもんなんですね。


その人にどういうもんか見せてもらってなんとか書きました。画像のやつ。




そんな我が子のように愛らしいプレスリリース。そうでもないですが。それを、自分の知ってる限りの、海外の日本音楽ウェブマガジンに関わってる知り合いに連絡取りまくりのバラまきまくりました。今までベルリンに住みながらパリに行ったりロンドン行ったりデュッセルドルフ行ったり、色んなイベント行ったりしてまして(会場視察が主目的だったんですが)、そういう知り合いができてたので、アラヤダ、ようやく活きたかしら?と。


Japan UndergroundとかJPU RecordsとかManga UKとか(←この3つを一人でやってるヤツがいるんですw)、JaME(Japan Music Entertainment)とか、musicJAPANplusとか小っこい規模だとAVO ForumとかTora Tsukiとか、けっこう日本音楽を紹介してくるウェブマガジンって多いんですよね。僕が日本にいたときは気が付けませんでした。探そうともしていなかったのかもですが。


ただ、そういうウェブマガジンは、お金もらってやってるわけじゃない人たちが多いし、そういう『日本音楽紹介』的なところに健康な市場があるとは言えないですが。


他にも、紙媒体のところにも連絡取れたのかもですが、プレスリリース作れることを知った時点で発売まで6日しかなかったんす。友達に、紙媒体はもう難しいよと言われ、諦めました。そりゃそうですよね(ノ∀`)




関係ないですけど、Wikipediaって、どうやったら編集できるんでしょう。。プレスリリース書いたときにYellow Studsさんのことを英語で(あんまり長くないけど)まとめたので、せっかくだからYellow Studsさんの英語Wikipediaページを作ろうかなと思ったんです。でもできない。。英語ページを新規作成することすらできないので諦めました。w


https://ja.wikipedia.org/wiki/Yellow_Studs








それから。(本題)






最近このバンドさんのことばっかり書いてますが。


Yellow Studsさん




というバンドさんがおります。イエロースタッズ。略称はイエスタです。


リアルにファンですが。


で、この方たちの新しいアルバムの配信をヨーロッパでやらせて頂くことになりました。


で、


デジタル配信やら、CD流通の登録をしました。






これが、すごい手こずりました。。。




僕、ドイツで会社としてのテイをなしたばっかりなので、例えば会社口座用のPayPal口座とかをまだ作ってなかったんですよね。


そういう細かいこととか。。(´・д・`)ヤダ


あと、頼りにしていたTuneCore JAPANっていう「日本→世界」向けの配信業者だと、僕みたいに日本の外にいる人は利用できないみたいで。。知らなんだ。使う気マンマンでした。




そんなわけで、あまり知識の無かった海外の配信業者とか調べまくりの比べまくりをしました。


『TuneCore』とか『CD Baby』とか、名前忘れたけどロンドンにある配信業者とか比べて、結局、『CD Baby』っていうところに決めました。


この子。→ http://www.cdbaby.com/


ちょっと初期費用と、少し維持費用というか売れるたびに取られる手数料があるのがマイナスですけど。でもそれ以上のメリットはたくさんあります。






CD Babyに決めた理由


1.販売価格を自由に決められる。


ぼくは売り方とか考えるのが好きだったりします。売り方を考える上で、価格を自分で好きに決められるのはデカイですよね。アルバム単位でも一曲単位でも自由に決められるので驚きました。いや、ほかの海外の配信業者ってほぼできないんですね。できても9.99ドル~15.99ドルの範囲とか。


イ エ ス タ な め ん な (ノ`Д´)ノ彡┻━┻


ところがどっこいCD Babyだと、ひたすら自由に値段を決められるんです。0~9,999.99ドルとか?


デジタル配信の値段も自由。実際のフィジカルなCD価格も自由。しかも一曲一曲でもそれぞれ違う値段にできる。フィジカルなら複数枚購入してくれた人に対して10%~50%の範囲で割引を適用できたり。すげーっす。


あ、でも、『CD Baby』は、アメリカにある会社だからか、USドルでしか値段決められないです。だから、僕がメインで狙ってるユーロ圏だと価格がとっても中途半端になるんです。しかも為替変動で毎日ちょっと揺らぐ。w あんまり気にすることでもないかな、と結論づけました。逆に、実はちょっと値段高くても、「今日はちょっと安いぞ!今のうちに買っちゃえ。ポチ。」みたいな心理も生まれるんじゃないかなと。


そんなわけで、価格についても考えた末、


Yellow StudsさんのフィジカルCD販売価格(多分!)。ドッギャーン↓



30 USドル。(=3,055Yen=22.107Euro。この投稿書いてる2014年6月13日の日本時間夜のレートだと。)『Album price on CD Baby』ってところです。キモチ高めにしました。特に特典の付いてない新譜CDアルバムって、ヨーロッパだと15Euroとか18Euroとかですけど、僕たちの場合は22Euro前後になる、30ドルにしました。



だって、CD買わない人と買う人って完全に分かれてるんですもん。。買わない人はとにかく買わない。買う人はちょっと高くても、価値があると思えばサクッと買っていくっすもん。売る側はそんなに価格競争してもしょうがないと思うんですよね。



あ、でも『Quantity discount on CD Baby』。同時に2枚以上買ったときに2枚目以降は50%引きになるようにしてみました。w


それには理由が。


友達と一緒に買うか訊く→買う(としたら)→CDを手渡す→ほぼ間違いなくこのアルバムのこと話す→『共有した音楽』になる。→『そのバンドのイベント一緒に行こう』ってなる。ならないかも?でもなるといいな。。でもとりあえず、『一つの音楽を誰かと共有』するって行為は、これから音楽を売っていく上で大きい要素だと思うんです。要は、イベントに行くだとかの『体験したい』に持っていける。(高野修平さんとか色んな方が仰るとおりだと思います。)


つまり、僕の価格設定の裏には、僕の人生ここ7年くらいを掛(賭)けている、「僕がヨーロッパでやる、バンドさんの映像(映画?)フェスに来て欲しい!」という希望がガリガリに入っています。もちろん、そういうフェスとかでYellow StudsさんやTHE VALVESさんらバンドさんたちが人気が出た後にやる実際のコンサートにも来て欲しいのでございます。


著者のTanaka Junichiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。