バイ菌の発生原理

1 / 4 ページ

後編: バイ菌やウイルスの有用性

《《 黴 菌 の 発 生 原 理  》》

1996、8、15 初版




これは別の論文との関連で、笑論文としてお読みください。タメになるかも、、、


『これからの世界は病気(特に伝染性)が蔓延するような時が来る 』のではないか。

というような漠然とした不安を覚える私は、もしそんな事態になったときに役に立つよ

うにと、前もってひとつの知識として情報を流しておきたい。

それまではこの情報は日の目を見ないかもしれない。ソレデハ、、



現代の科学では、[無から有が生じる]ということはないということになっているよう

だ。

何もないところから何も生じない]というのだから、当り前のことのようだ.しかし、

本当に何もないのかどうか、そこが問題なのである。


何もないと思い込んでいるだけのことかもしれない。それが確かにあるのに今の科学で

は捕らえられないというだけで、[ない]と決めつけているだけかもしれないのだ。

ワープロでもコンピューターでもその機械にインプットされていないと全く表示されな

い。文字一つでもさえも存在しないということになってしまうのだ。


今の科学が完成したという人はだれもいない。進歩しているという人はたくさんいる。

ということは未だに未熟だということなのだ。まだ知らないことがたくさんある、解明

されないことがたくさんあるということなのだ。

それなのに、ある物事に対して科学性がないとか、科学では認められていないといって

否定しようとする人達がいる。

その人達は科学が進歩しきって、もうその頂上にきてしまっているとでも言うのだろう

か。

もう科学研究などをする必要はないところにまで来てしまったことになるのだろうか。

真空には何も存在しないというのが今の科学のレベルであろう。


しかし科学者の中でも、真空は本当に真空かということに疑問をもっている人達も少な

からず居るようなのだ。

本来なら「真空イコール無」ということになろうが、その真空は無ではなく有である、

何かが存在しているというのだ。


すると何もないところから何も発生しないということは当り前のようだが、それは何も

ないと思っていただけのことで、実はそこには何かが「有る」ということだとしたら、

「有るところから何かが発生する」ということも当り前のことなのであろう。

未だ科学では発見され得ないところの、何もないと思われている空間、真空には確かに

存在するものがあるのだ。

みんなの読んで良かった!