「夢」か「安定」か?〜超就職氷河期に2度内定を捨てた話し〜

1 / 6 ページ

「はじめに」

僕が就職活動を行う2年前、リーマンショックが訪れて「超就職氷河期」に突入した。

バイト先の先輩が「あかん!全然内定もらわれへん。」「このままやと就職浪人や…」と悩む話を散々聞かされた。

その翌年、友達や同期の人たちの就活が始まった。僕は大学受験で一年浪人してたため、その様子を間近で見ることができた。

リーマンショック前に就活を行っていた先輩たちの話はそこまで深刻ではなく、「次は3次面接やねん!」「よっしゃ内定もらったわ!」と聞くことが多く、新しい世界に向けてステップアップしていく姿に憧れていた。

しかしこの年、状況は変わっていた。

バイト先でバリバリ仕事が出来てみんなを引っ張っていく友達が「まったく通らない」と悩む姿。

藁にもすがる思いで何十社も説明会を受けて、行きたくもない会社の面接を受ける友達の姿を何度も見た。

「あれ?就活ってこんなんやったっけ?」

僕がかつて憧れていた「夢に向かって」の就職活動は消えていて、テレビでも新聞でも悪いニュースばかり流れていた。

そして実際、僕の友達も思うように進まない就職活動に頭を悩ませていた。

「このままだとヤバイ!」

直感的にそう感じ、何とかしてでも実りある就職活動を行おうと大学2回生の僕は焦っていた。

まだやりたいことも、本気で行きたい会社も見えてなかった。

でもそんな僕にも一社だけずっと心の奥で気になっている会社があった。

それは僕が初めて感動を受けたインテリアショップを展開する会社だった。

「どうせ一生働くのなら、自分の好きなところで仕事をしたい!」

そんな思いは昔からあった。たぶんバイト先で活き活きとしていた先輩たちが、社会人になって苦しんでいる姿を見ていたから。

そしてまた、社会人になっても憧れた仕事に就き、活き活きと活躍している人たちの姿を見てきたからだと思う。

「来年はいよいよ自分が就職活動の年か!」

不安と期待を膨らませながら僕は大学3回生の春を迎えた。

そしてその年が自分の人生にとって一番のターニングポイントになるなんて、当時の僕に知る由もなかった。

みんなの読んで良かった!