僕、生きていますか?

最近肩こりがヒドイ。
肩から首にかけて、もうパンパン。
本当に首が回らない。
二つの意味で。

現28歳。フリーター。
書いてる本人も切なくなるプロフィール。

ある日。
会社を辞めた。いや、
辞めさせられた。が正解かな。

専門学生時代、就職に悩んでいた僕を
拾ってくれた社長。
嬉しくて、いつかは恩返しをしたい!
そう思っていた方。

2013年4月、
社長より勧められたあるグループへの
所属を断ったところ。

「明日から来なくていい」
との、結果に。

数年前、
こんな僕にも彼女が出来、
そんな彼女と同棲を。

しかし、彼女の就職先のトラブルで
もともと持っていた彼女のうつ病が
悪化し、僕が養っていくことに。

ほぼ同時期、
以前に父親に頭を下げられ、しょうがなく
連帯保証人となった借金の未払いが発覚。

更に、
実家の家賃を滞納していることも。

日中は仕事。
家に帰れば動けない彼女を風呂に入れ、
夜中には薬の副作用でフラフラの彼女を抱えてトイレに、
借金の支払い請求の電話、
実家の件で連帯保証人となっている祖父からも電話、

日に日に沈む心。

そんな僕に気付き声を掛けてくれた、
職場の先輩方。

そんな君にぴったりの
いいところがあるからと言われた
グループ。

しかし、微かに噂を聞いたことがあり
丁重にお断り。

その後、社長直々に行こうとの
連絡が入り、断る訳にもいかず
そのグループが行っている講演へ。

その日で辞めよう。
と思っていた僕に社長が
1年続けてみると詳しいことが
わかってくるから。

約1年、我慢し続けました。
が、宗教的なやり方が合わず、
退会を決意。

それを伝えたところ、
「我が社はあの方の思想に沿って、
 働いている会社です。あなたがその方の
 思想に合わないというのは、
 会社にも合わないということではないですか?」

絶対に「辞めろ」とは言わない、
自主退社へと持っていく運び。

幸せになろうとするグループに所属して、
人生に関わる事を即決する。
より恐ろしさ感じました。

あまりのショックに立ち直れずにいたが、
借金等の問題があるため、
無理矢理体に鞭打って働く。

彼女のうつ病はほぼほぼ治ったが、
フリーターで家族の問題を抱えている
僕では、幸せに出来ない。
そう思うようになった。

会話をする時間もほとんどなくなり、
その思いは更に増幅する。

結果、一方的に別れを決断。

彼女は家を出た。
残ったのは、家族の問題と、
一人には広く、高い部屋。

もうどうでも良くなった。
フリーターで払える金額には限界があり、
次第に未払いが増えていく。

税金、保険、家賃、借金・・・
払わなきゃいけないのはわかっているのに、
頭がちゃんと働かず動けない。

そして今、
家賃滞納により起訴。

給料の差し押さえになってしまうため、
税金だけは何とか払っている。

精神的に不安定なのはわかっているのに、
保険にも入っていないので病院にも行けない。

借金問題では父親はあてにならず、
一括返済をせがまれている。

更には先日、
自転車に乗っている際に
横切る自転車を避けた拍子に
駐車していた車に接触。
もちろん保険に加入している訳もなく、
約30万円の修理代を請求されている。

面白いほどに不幸が重なり、
今、
終わらすか、検討中。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまでが最近に起きた、
僕の出来事です。

きっと、それぐらい。
もっと頑張れ。というように
感じられる方も多いと思います。

が、これは最近のピックアップであり、
終わらす。という考えに至った
今までのことも書けておりません。

僕の中では、
遺伝子がそうさせているようにも感じていますし、
どこかの選択を誤ったとも思います。

現在必要となる、約500万円のお金。

そんなお金を借りられる訳もなく、
作ることも出来ない僕は、
今、
生きていられているのでしょうか?


著者の木村 健太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。